【ミュゼプラチナムの予約変更】電話・料金・当日キャンセルは?キャンセル方法ログインは?

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルは専用アプリやWEBで24時間いつでもできるので便利です。

急な用事や体調不良・生理などで、キャンセル期限内に変更ができない場合もありますよね。

ミュゼのルールでは、当日に変更となってしまった場合でも、ペナルティがないので安心です。

また、ミュゼでは回数保証制度がありますので、契約期限内であれば当日変更分も脱毛施術を受けることができるのが嬉しいですね。

しかし、ミュゼでは当日変更分は契約期間内しか受けることはできませんので、早めに次回予約をとって施術を受けるようにしましょう。

また途中解約をする場合、契約期間内かつ施術回数が残っていても、当日変更分は返金対象とならないので、注意が必要です。

 

【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムのログイン、予約変更・キャンセルの方法

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼの予約変更の方法1・会員サイト

ミュゼの会員サイトでは予約の変更が24時間いつでも可能ですので、予定の変更があったり、体調が悪くなったなど、急な事態にも対応しやすいですね。

ミュゼの会員サイトの利用方法は、ログインページから登録メールアドレスまたはミュゼプラチナムの会員番号を入力し、パスワードを入力するだけです。

ログイン後は、予約の変更が簡単にできます。

その他、予約以外にも便利な機能もありますのでご紹介しておきます。

 

機能 機能詳細
予約・変更・キャンセル 24時間いつでも予約、変更、キャンセルが可能
メールでお知らせ 予約日が近くなると「予約お知らせメール」が届きます
当日予約が可能 空きがあれば、当日の予約が可能
お得なお買い物 一般販売価格より安く買い物ができたり、会員特典がついている場合も
おすすめ美容グッズ ミュゼスタッフがおすすめする美容グッズを多数用意
ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼ 会員サイト

 

ミュゼの予約変更の方法2・アプリ

ミュゼの公式アプリ「ミュゼパスポート」では、予約の変更が24時間いつでも可能でしかも簡単!

急な予定変更、体調不良・生理などで予約の変更したいときもミュゼではストレスなく行うことができます。

また、予約機能には、「今日行く」「明日行く」「今週行く」ボタンが追加され、より簡単に予約や変更ができるようになっています。

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼ公式アプリ:ミュゼパスポート

ミュゼプラチナム 予約変更

 

ミュゼアプリならではの機能「キャンセル待ち通知設定」にも注目。

希望の条件を設定しておけば、空き通知が届き、一定時間は100%予約できるので、なかなか予約がとれないと悩んでいる人には嬉しい機能です!

ミュゼプラチナム 予約変更

キャンセル待ち通知設定

 

その他、便利な機能がたくさん!

機能 機能詳細
予約・変更・キャンセル 24時間いつでも予約、変更、キャンセルが可能
サクサク予約機能 「今日行く」「明日行く」「今週行く」ボタンで簡単予約
キャンセル待ち通知設定 希望の条件を設定しておくと、キャンセル空き通知が届く
会員限定クーポン お得なクーポン・チケットを毎月プレゼント
会員限定特典 キャンペーン情報やモニター企画・特典をお知らせ

 

 

ミュゼの予約変更の方法3・電話

ミュゼの予約変更を電話でする場合は、ミュゼプラチナム会員専用ダイヤル0570-007830:受付時間:9:00~18:00(全日)へ連絡しましょう。

ミュゼの電話での予約変更時の注意事項は、受付時間が9時〜18時と限定されていることです。

しかも混雑している時間帯はつながるまで待つことになってしまいます。

学校や会社に行っているときは、受付時間内に連絡することが難しい場合も多いと思いますので、できればWEBやアプリで予約変更を行う方が便利です。

しかし、生理などでデリケートゾーンを除いて脱毛したいというような特別な変更は、電話でのみ受付しているので、時間を見つけて電話で手続きをしましょう。

ミュゼプラチナム 予約変更

 

 

【無料カウンセリング】の予約変更は電話またはWEBで行う

ミュゼの無料カウンセリングの予約変更は電話またはWEBから行います。

ミュゼのWEBから無料カウンセリングを予約した場合は、予約完了時にメール配信されています ので、そちらから変更可能です。

ミュゼの予約完了のメール文面内に、予約の変更専用のURLがあるので、それを利用してカウンセリングの予約変更を行いましょう。

もし予約完了メールが見当たらない場合には、契約してるプロバイダやお手持ちの携帯電話の設定によっては、迷惑フォルダに入っていたり、受信できていない場合もあります。

予約変更には予約変更用のURLからアクセスしましょう。

予約完了メールが見当たらない場合に、カウンセリングの予約確認・変更を希望する際には、カウンセリング予約専用ダイヤル0120-489-450(10:00〜18:00)へ連絡しましょう。

ミュゼの電話で予約した場合は、カウンセリング予約専用ダイヤルイヤル0120-489450(10:00〜18:00)がありますので、そちらへ変更の連絡するようにしましょう。

 

関連ページ:【ミュゼプラチナムって予約取れない?】アプリで予約の空き状況を確認する方法

 

 

ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼは予約変更やキャンセルのペナルティ(キャンセル料)はありません

ミュゼは予約変更時のペナルティはありません。

期限は、予約したお手入れ時間の24時間前となっており、24時間前を過ぎて予約変更をすると当日キャンセル扱いになります。

しかし、当日キャンセルの場合にもペナルティはありません。

ミュゼでは、回数保証制度を設けていますので、当日変更であっても契約期間内であれば別の日に当日変更分の脱毛施術を受けることができます。

キャンセル料のようなペナルティ無し、回数保証で当日変更分も別日で脱毛施術を受けられるのでミュゼなら安心して通うことができますね。

ただし、ミュゼの契約期間を過ぎてしまうと当日変更分の施術は受けられませんので、早めに予約を入れて脱毛施術を受けるようにしましょう。

 

当日キャンセルの場合は該当するお手入れ分が消化され解約時の返金対象にならない

ミュゼの当日キャンセル・変更の場合は該当するお手入れ分が消化され、解約時に返金対象にはなりません。

当日キャンセルとは、キャンセル期限を過ぎて予約変更した場合のことをいいます。

キャンセル期限は、予約した日のお手入れ時間の24時間前までで、24時間前を過ぎると、当日キャンセル扱いになります。

ミュゼならアプリやWEBから24時間いつでも予約の変更ができるので、キャンセル期限内に手続きをするようにしましょう。

ミュゼでは、契約期間内での解約時に残りの回数分を返金する制度を設けていますが、当日キャンセル・変更の回数分は消化したとみなされて、返金の対象外になってしまいます。

しかし、当日キャンセル・変更分は契約期間内であれば、別日で脱毛施術を受けることが可能なので、契約期間内に受けてしまった方がお得ですよ。

 

ミュゼは回数保証制度があるため契約期間であればお手入れを受けられる

ミュゼでは、回数保証制度を設けているため、契約期間内であれば当日予約変更をしても別日にお手入れを受けることができます。

ミュゼの契約期間は2016年6月1日以降に契約したコースは一律3年となっています。

一定の条件を満たすと、契約期間は最長5年まで延長することができます。

このミュゼの回数保証制度があるので、予約当日に急な用事が入って行けなくなったり、体調不良や生理などでお手入れを予約変更しなくてはならなくなっても安心です。

ただし、回数保証は契約期間内に限られるので、仕方なく当日予約変更をしてしまった場合には、早めに次回予約を設定してお手入れを受けてしまいましょう。

回数の残りが多い場合は、契約日や契約延長の条件、タイミングをしっかり把握しておくことで、変更してしまった分の回数をムダにすることなく通うことができますよ。

 

 

ミュゼの契約期間について

ミュゼの契約期間は、2016年6月1日以降に契約されたコースについては、一律3年となっています。

ミュゼの契約期間は一定の条件を満たすと、最長5年まで延長することができます。

延長の条件は、契約期間の終わりまでの1年以内にお手入れを受けることです。

例えば、最初の3年の場合は2年目〜3年目までの間にお手入れを受けると、1年延長されます。

また、延長された3年目〜4年目までの間にお手入れを受ければさらに1年延長されます。

つまり、延長した際には毎年1回は通うようにすることで、最長5年の脱毛施術を受けられるということです。

回数コースの場合は、当日変更してしまっても契約期間内であれば別日でお手入れを受けられるので契約期間には特に注意しましょう。

ミュゼプラチナム 予約変更

 

 

 

ミュゼの回数保証制度について

ミュゼの回数保証制度とは、契約期間内に限り変更しても契約した回数分を受けられる制度のことです。

ミュゼでは、当日予約変更をしても契約期間内であれば別日で当日予約変更分の脱毛施術を受けることができます。

しかし、契約期間を過ぎてしまうと当日予約変更の回数分は受けられなくなるので、契約期限切れには特に注意が必要です。

ミュゼの契約期間は、2016年6月1日以降に契約したコースから一律3年となっています。

さらに一定の条件を満たせば最長5年まで契約期間を延長することができます。

この期間内であれば、契約した回数分通えるという回数保証制度なので、契約日、契約延長の条件やタイミング、残りの回数と当日予約変更回数などを把握しておくことが大切です。

 

 

ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼの予約変更・キャンセルは予約開始時間の24時間前までOK

ミュゼの予約変更は予約開始時間の24時間前までOKになっています。

例えば、1月10日の18:00に予約した場合、前日である1月9日の17:59まで、予約の変更ができるということです。

予約開始時間の24時間前を過ぎてから予約変更をすると当日キャンセル扱いになります。

ミュゼでは回数補償制度を設けているため、当日キャンセルでも契約期間内であれば契約回数分の施術を受けることが可能です。

当日キャンセルや変更は、契約期間内に解約する場合の返金額に関わってきます。

ミュゼの契約期間内に途中解約する場合、残りの回数分が返金対象になりますが、当日キャンセル・変更がある場合は、その回数分は消化したとみなされて、返金の対象にはなりません。

当日キャンセル・変更分も契約期間内であれば施術を受けることができますので、施術期間内に受けるようにしましょう。

 

当日キャンセルに該当するもの1・お手入れ開始時間までに来店がない

お手入れ開始時間までに来店がない場合は当日キャンセル扱いになります。

例えば、ミュゼで予約をうっかり忘れてしまって無断キャンセルしたり、遅刻で来店を諦めて行かなかった場合も同様です。

予約すると予約日の数日前からメールでお知らせが届くので、気がついたときにスケジュール帳やスケジュールアプリに設定して予約日を忘れないようにしましょう。

遅刻の場合は、遅刻の時間や予約状況によっては施術を受けられる場合があるので、事前に連絡して施術を受けられるかどうか確認してみましょう。

当日キャンセル・変更はキャンセル料などのペナルティがありませんので、契約期間内に次回予約をとるようにしましょう。

ミュゼの契約期間をすぎると、当日キャンセル分は脱毛施術を受けられなくなるので注意が必要です。

 

当日キャンセルに該当するもの2・お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの変更やキャンセル

お手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからキャンセル・変更をすると、当日キャンセル扱いになります。

例えば、2月10日の19時00分で予約した場合は、前日2月9日の18時59分までが、キャンセル可能期間です。

予約の変更やキャンセルはミュゼアプリやWEBから24時間できますので、急な予定が入ったり、生理や体調不良で脱毛施術を避けた方が良い場合には、すぐに予約変更の手続きをしましょう。

キャンセル可能期限を過ぎて、当日キャンセル扱いになってもペナルティなどはありませんが、途中解約の返金時に、当日キャンセル分が対象外となります。

当日変更をしても、契約期間内であれば別の日に脱毛施術を受けられますので、早めに次回予約をとりましょう。

 

 

ミュゼは会員専用アプリでキャンセル待ちが可能

ミュゼの会員専用アプリ「ミュゼパスポート」では、キャンセル待ちが可能です。

ミュゼパスポートでキャンセル待ち通知を設定すれば、希望の日時で空きが出た際にお知らせが届きます。

キャンセルの空き時間通知が届くと、一定時間内は100%予約が取れるようになっていますので、キャンセル待ちの空き時間通知を設定したら、通知を見逃さないようにしましょう。

また、ミュゼ会員専用アプリでは「今日行く」「明日行く」「今週行く」など、簡単に予約がとれるシステムを導入しているので便利です。

「せっかくミュゼに通い始めたのになかなか予約が取れない」という人は、キャンセル待ちを利用することで予約が取りやすくなりますので、アプリを便利に使って定期的に通い続けるようにしたいですね。

 

 

ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

 

無断キャンセルの場合は当日キャンセルと同様に見なされる

ミュゼでは、無断キャンセル(連絡せずに予約したお手入れ開始時間までに来店しなかった)の場合でも当日キャンセルと同様にみなされます。

ミュゼのキャンセル期限は、予約したお手入れ開始時間の24時間前までです。

お手入れ開始時間の24時間前をすぎると、予約変更手続きをしても当日キャンセル扱いになります。

無断キャンセルのような当日キャンセルしても回数保証制度があるので、契約期間内であれば別の日に脱毛施術を受けることが可能です。

しかし、契約期間を過ぎてしまうと、当日キャンセル分を受けることはできなくなります。

また、途中解約をする場合、施術を受けていない回数分は返金対象になりますが、当日キャンセル分は返金対象外になりますので注意が必要です。

 

無断キャンセルでもペナルティは発生しない

ミュゼでは、無断キャンセル・変更してもペナルティは発生しません。

無断キャンセルは、連絡せずに予約日のお手入れ時間までに来店しないことで、予約をうっかり忘れてしまっていたり、遅刻で間に合わなかった場合も同様です。

無断キャンセルは当日キャンセル扱いとなり、途中解約時の返金額に影響があります。

途中解約とは契約期間内に解約をすることで、契約分の施術回数の残りがあれば、その分返金されます。

しかし、無断キャンセルなどの当日キャンセルがあると、1回分の施術を消化したとみなされて、返金対象から除外されます。

ただし、ミュゼでは回数補償制度があるので、無断キャンセルをしても契約期間内であれば、その分の脱毛施術を受けることが可能です。

 

 

無断キャンセルをしても次回予約は取れる

ミュゼでは、無断キャンセルしても次回予約を取ることが可能です。

連絡せず、予約をうっかり忘れてしまっていたり、遅刻でどうしても間に合わなった場合には、次回予約をとるのが申し訳なくなりそうですが、問題なく次回予約がとれるので安心しましょう。

ミュゼでは回数保証制度があり、契約期間内であれば無断キャンセルを含む当日キャンセルであっても、その分脱毛施術を受けることは可能です。

その他の当日キャンセル扱いになるのは、予約したお手入れ時間の24時間前を過ぎて予約変更の手続きをすることです。

無断キャンセルでは、キャンセル料などのペナルティはなく、別の日に次回分を変更して脱毛を受けることができますが、契約期間を過ぎてしまうと受けられなくなりますので、契約期間に注意しながら、早めに次回の予約をするようにしましょう。

 

 

ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼプラチナム 予約変更

ミュゼは生理でも当日キャンセルと同様に見なされる

サロンによっては、急なキャンセルが生理による場合は、当日キャンセル扱いとしないところもありますが、ミュゼでは生理であってもキャンセル期限を過ぎてキャンセルを行う場合には当日キャンセル扱いとなってしまいます。

当日キャンセルとは、予約したお手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからのキャンセルのことです。

予約当日のお手入れ開始時間までに来店しなかった場合も当日キャンセルに含まれます。

ミュゼでは回数保証制度を設けているので、当日キャンセルしても契約期間内であれば契約回数分のお手入れは可能です。

しかし、契約期間と契約回数が残っている状態で解約する際に、当日キャンセルした日数分は消化したものとして返金対象にはなりませんので注意が必要です。

 

ミュゼは生理中はデリケートゾーン(VIO)の施術はできない

ミュゼでは、生理中のデリケートゾーン(VIO)の施術はできません。

他の部位はできますが、できれば変更した方が良いです。

なぜ脱毛が受けられないかというと、生理中のデリケートゾーン周辺の衛生面の観点が挙げられます。

生理中にデリケートゾーン周辺の脱毛を行うと、ベッドや脱毛器に経血が付着してしまい、感染症のリスクが高まるからです。

生理中でも体調が良好で、痛み止めなどの薬を服用していなければ、デリケートゾーン以外の箇所は脱毛することができます。

しかし、生理中は普段よりも肌が敏感になっているため、痛みを感じやすくなったり赤みが出たりします。

またホルモンバランスの変化もあるため、脱毛効果が低下する場合もあります。

心配な場合は、なるべく早く予約の変更の連絡をしましょう。

 

 

両ワキ+Vライン脱毛完了コースは両ワキのみの施術はできない

ミュゼでは、両ワキ+Vライン脱毛完了コースに通っている場合、両ワキのみの施術はできません。

予約当日に生理になってしまった場合、両ワキだけで施術を受けることができませんので、予約の変更をする必要があります。

ミュゼの全身美容脱毛コースでは、生理の場合のみVIO以外の部位へ脱毛施術を受けることができ、VIOのみ別日へ振り替えることができますが、それ以外のセットプランでは部位別に施術日を変えることはできません。

生理中は肌が敏感になっているため、普段は感じない脱毛時の痛みを強く感じたり、脱毛後の赤みにつながったりする場合があります。

また、生理中はホルモンバランスが変化しているため、脱毛効果が出にくいというデメリットもあります。

脱毛当日に生理になってしまった場合には、予約変更をするのがおすすめです。

 

 

 

全身美容脱毛コースはVIOの施術のみ別日に振替が可能

全身美容脱毛コースを選択している場合、生理でVIO(デリケートゾーン)の脱毛施術ができない場合には、別日に振替することが可能です。

「せっかく予約をとったのに予約当日に生理になってしまった!」
「体調は良いのに、生理だと脱毛できないのかな?」

と思ったら、まずはミュゼのコールセンターへ問い合わせしましょう。

生理であっても、体調が良かったり、痛み止めの薬などを服用していなければデリケートゾーン以外への脱毛施術は可能で、予約日に受けられなかったデリケートゾーンのみ、他の日へ振り替えて脱毛施術を受けることが可能です。

ただし、生理中は肌トラブルを起こしやすく、普段では感じない施術時の痛みを強く感じたり、赤みが出たりする場合もあります。

また、ホルモンバランスも変化しているため、効果が出にくいという場合もあります。

 

生理中は肌や体調が不安定のため予約変更・キャンセルがおすすめ

 

ミュゼでは、生理中でもデリケートゾーン以外の施術は可能です。

ただし、体調不良や服用している薬がある場合には、デリケートゾーン以外であっても脱毛施術を避けたほうが良い場合もあります。

また、生理中は肌トラブルを起こしやすいため、脱毛施術時に普段より痛みを感じたり、脱毛後に赤みが出たりする場合もあります。

他にも、生理中はホルモンバランスが変化しているので、脱毛効果が得られにくいという場合もあります。

こういった点をふくめて、他のサロンでは生理中には脱毛施術ができないところもあります。

ミュゼでは回数保証制度がありますので、当日キャンセルをしてしまっても契約期間内であれば契約回数分の施術を受けることができます。

予約日に生理になってしまった場合には無理をせず、予約の変更をするのがおすすめです。

 

ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルについてまとめ

ミュゼプラチナム 予約変更

•【ミュゼ会員の方】ミュゼプラチナムの予約変更・キャンセルの方法

会員サイトでは予約の変更が24時間いつでも可能ですので、予定の変更があったり、体調が悪くなったなど、急な事態にも対応しやすいですよ。

 

•ミュゼは予約変更するとキャンセル料が発生する?ペナルティについて

ミュゼは予約変更やキャンセル時のペナルティ(キャンセル料)はありません。

ミュゼでは、回数保証制度を設けていますので、当日キャンセルであっても契約期間内であれば別の日に当日キャンセル分の脱毛施術を受けることができますよ。

 

•ミュゼの当日キャンセルについて/予約変更・キャンセルはいつまで可能?

ミュゼの予約変更は予約開始時間の24時間前までOKになっています。

予約開始時間の24時間前を過ぎてから予約変更をすると当日キャンセル扱いになりますが、ミュゼでは回数補償制度を設けているため、当日キャンセルでも契約期間内であれば契約回数分の施術を受けることが可能です。

 

 

•ミュゼの無断キャンセルはどうなる?

ミュゼでは、無断キャンセル(連絡せずに予約したお手入れ開始時間までに来店しなかった)の場合でも当日キャンセルと同様にみなされます。

無断キャンセルのような当日キャンセルしても回数保証制度があるので、契約期間内であれば別の日に脱毛施術を受けることが可能です。

 

•ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?

ミュゼでは生理であってもキャンセル期限を過ぎてキャンセルを行う場合には当日キャンセル扱いとなってしまいます。

当日キャンセルとは、予約したお手入れ開始時間の24時間前を過ぎてからの予約変更のことですが、ミュゼでは回数保証制度を設けているので、当日キャンセルしても契約期間内であれば契約回数分のお手入れは可能です。

⇒「ミュゼは生理などで急なキャンセルはできる?」詳しくは​​こちら

 

関連ページ:ミュゼの口コミはどう?脱毛サロンは料金が安いキャンペーンで!

関連ページ:【ミュゼの当日キャンセル】キャンセル料と方法は?無断はいつまで?

関連ページ:【ミュゼプラチナムは予約取れない?】最新版・アプリや電話のキャンセルは?解約するしかない?