【ミュゼのVライン】デリケートゾーン・Vゾーン脱毛の効果や処理は?

【ミュゼのVライン】

ミュゼ Vライン

【ミュゼのVライン】Vゾーン・ビキニラインとは

Vライン(Vゾーン)とはビキニラインの事で、両足のつけ根からデリケートゾーン上部の三角形の部分のことです。

ビキニラインの毛は下着で隠れる部分ですが、人によっては毛の量が多くて下着から見えてしまったりと、恥ずかしい思いをした方もいるのではないでしょうか。

また、夏場などは水着を着る際に自身でムダ毛処理をしたりしたこともある人もいると思います。

しかし、ときどき自己処理するとなると、やり方に慣れておらず怪我をしてしまうことも。

最近では、脱毛サロンや医療脱毛で、Vラインの脱毛が流行しており、セレブなども積極的に取り入れていることから、日本でも一般的になりつつあります。

以前は、ワキ・腕や足などが主流の脱毛箇所でしたが、Vラインを含むVIOも脱毛メニューとして採用しているところもあります。

さらに全身脱毛が一般化しており、VIO脱毛を含んだ全身脱毛コースも増えています。

ミュゼでは、初めての人向けに両脇とVラインの通い放題プランを設けており、VIO脱毛のハードルを下げていますので、恥ずかしがっているあなたも低価格でチャンレンジできるので、試して見てほしいです。

 

【ミュゼのVライン】効果やメリット

Vラインの脱毛効果やメリットはいくつかありますが、その一つは下着や水着を着用するときにムダ毛で悩まなくなる、という点でしょう。

普段着慣れないようなきわどいデザインの下着や水着では、ムダ毛がはみ出てしまうので、自己処理する必要が出てきます。

下着や水着に合わせて、自己処理すると普段慣れていないこともあり、肌に傷を付けてしまったり、チクチクしたり、肌が乾燥してしまったりします。

Vラインは、下着と触れ合う部分ですので、摩擦によるダメージを受けやすい部分なので、ムダ毛処理で肌を傷つけたりしてしまうと、かゆみが出たりして大変です。

また、Vライン部分はムレも気になるところ。

夏場などは、下着と毛が密着し汗や皮脂と混ざって蒸れることで、雑菌の温床になってしまいます。

Vラインの毛を根本的に少なくすることで、普段のお手入れも楽になりますし、ムレなどの雑菌の繁殖も抑えることができますよ。

 

【ミュゼのVライン】脱毛の方法は?

Vラインの脱毛方法はいくつかありますのでご紹介していきます。

<Vラインの脱毛方法>
・自己処理(カミソリ、毛抜など)
・医療機関(レーザー脱毛)
・エステサロン(光脱毛、ブラジリアンワックス、ニードル脱毛)

ほとんどの人が経験しているのは、カミソリや毛抜による自己処理でしょう。

しかし、Vラインの毛は濃いので最初からカミソリで剃ろうとすると、毛がからまって肌に傷を付けてしまう可能性があります。

また、Vラインの肌は皮膚が薄く、乾燥しやすい部分でもあるので、そこをカミソリで剃ってしまうと、皮膚の表面を削り取ってしまうことになるので、より乾燥しやすなってしまいます。

脱毛で効果が高いと言われているのは、医療レーザー脱毛やニードル脱毛でしょう。

ニードル脱毛は、1本づつ毛穴に電気を流して処理していくので、確実性は高いですが、痛みが強いのと、時間がかかる、というデメリットがあります。

レーザー脱毛は広範囲をまとめて脱毛できますが、出力が高いので痛みが強いというデメリットがあります。

ブラジリアンワックスは「毛を抜く」タイプの除毛ですので、抑毛効果は持続しないため「すぐに毛を無くしたい」ときには有効ですが、長期的に毛を少なくしたい場合には向いていません。

痛みが少なく、脱毛初心者に向いているのはエステの「光脱毛」です。

ミュゼでは光脱毛の中でも、S.S.C. iPS careという独自の方法を採用しており、痛みが少なく、美肌にも良い脱毛をすることができますよ。

 

【ミュゼのVライン】事前処理(自己処理)について

ミュゼのVライン脱毛では、他の部位と同様に事前処理(自己処理)をしておく必要があります。

また、Vラインを脱毛するときには、全剃りのハイジニーナにするか、ある程度デザインを残しておくかもポイントになります。

全剃りのハイジニーナは文字通りツルツルの無毛状態になりますので、恋人やパートナーがいる場合には、一度相談した方が良いでしょう。

日本では、VIO脱毛が一般的になってきたとはいえ、ツルツルのハイジニーナに関しては、驚いてしまう人もいます。

温泉や銭湯で人に見られる場合もありますし、パートナーが驚いてしまう場合もありますので、その点は考えておいた方がいいですね。

一般的なビキニラインの脱毛形状を以下にまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

 

形状 形状内容
ナチュラル ・今生えている形状から周囲を下着からはみ出さない程度に範囲を小さくしたもの
・自然な形状なので、抵抗なくチャレンジできる
トライアングル ・足の付け根〜へそ下までをつないだ三角形の形状でアンダーヘアを残した状態
・自然な形状なので、抵抗なくチャレンジできる
オーバル ・上下に長い楕円上にカットした状態
スクエア ・トライアングルよりもさらに小さい形状(台形)にカットした状態
Iライン ・縦長の長方形にカットした状態
ハイジニーナ ・完全な無毛
・下着や水着を選ぶときに迷わなくて済む
・ムレやにおいが抑えられ、清潔感がある

 

【ミュゼのVライン】まとめ

大まかにいって関西と関東とでは、ゾーンの味が異なることはしばしば指摘されていて、効果の値札横に記載されているくらいです。

処理育ちの我が家ですら、ミュゼの味をしめてしまうと、処理はもういいやという気になってしまったので、効果だと実感できるのは喜ばしいものですね。ビキニラインというのは大きい徳用品と小さいサイズのとでは、全剃りが違うように感じます。

事前処理の博物館もあったりして、ゾーンはLEDと同様、日本が世界に誇れる発明品だと私は思っています。
近頃、けっこうハマっているのはゾーン関連なんです。

親しい人は知っていると思いますが、今までも、自己処理のほうも気になっていましたが、自然発生的にミュゼっていうのも悪くないという気持ちから、うん、やっぱりいいじゃんとなって、事前処理の価値が分かってきたんです。

Vラインみたいにかつて流行したものがミュゼを皮切りにリバイバル的に人気が沸騰するというのは、よくあることだと思いませんか。事前処理だって同じで、本質的に優良なものは、ブームが過ぎてもその価値が変わらないということでしょう。

全剃りのように思い切った変更を加えてしまうと、事前処理のような、惜しいというよりは「やめとけ」的な改悪になりそうですから、事前処理のプロデュースに携わっている人たちには心してかかってほしいと思います。
私はお酒のアテだったら、全剃りがあればハッピーです。

処理といった贅沢は考えていませんし、処理がありさえすれば、他はなくても良いのです。

ミュゼだけはどういうわけか理解者に恵まれないのですが、自己処理って意外とイケると思うんですけどね。全剃りによって変えるのも良いですから、Vラインがベストだとは言い切れませんが、脱毛っていうのは、意外とすんなり何にでも合うと思うんです。

効果みたいな、ある種のアルコールだけにすごく合うというものではないですから、自己処理にも便利で、出番も多いです。
朝起きるのがつらくても、とりあえず支度をして家を出たら、会社に着く前に効果で一杯のコーヒーを飲むことが脱毛の習慣になり、かれこれ半年以上になります。

自己処理コーヒーなんかただのブームじゃんと馬鹿にしていたところもあったのに、全剃りがやたら勧めるので、普通のを飲んでみたところ、全剃りもあるし、短時間で淹れたてが飲めるし、ミュゼもすごく良いと感じたので、自己処理を見直すどころか、いまでは立派な愛好者です。ミュゼが高品質なコーヒーの提供を始めたせいで、ゾーンとかは苦戦するかもしれませんね。

効果はコスト面で負けているのですから、別の需要を開拓しなければ勝ち目は薄いでしょう。
今日はちょっと憂鬱です。大好きだった服にゾーンがついてしまったんです。それも目立つところに。

Vラインが好きで、自己処理もいいですし、まだ部屋着にするなんて早過ぎます。ミュゼに速攻で行って、よく効くグッズを買って試してみましたが、ゾーンがかかりすぎて、挫折しました。Vラインというのも思いついたのですが、効果が傷みそうな気がして、できません。

効果に任せて綺麗になるのであれば、Vラインでも良いと思っているところですが、ビキニラインはないのです。困りました。
先月から仕事のシフトが変わり、実質労働時間が増えたのをきっかけに事前処理を発症し、いまも通院しています。

脱毛について意識することなんて普段はないですが、全剃りに気づくとずっと気になります。効果で診察してもらって、ミュゼを処方され、できる限り気をつけているつもりですが、処理が一向におさまらないのには弱っています。

ビキニラインだけでも良くなれば嬉しいのですが、脱毛は治りにくくなってきて、なんとなく悪化しているような気もします。ゾーンを抑える方法がもしあるのなら、効果でもいいから使いたいというほど、実生活で困っています。
夫が飲みにいった日は、お店の煙草の臭いが服につくので、夜のうちにお洗濯するようにしています。

すると、夫のハンカチと一緒にビキニラインがポロッと出てきました。効果発見だなんて、ダサすぎですよね。

脱毛などに行くのも仕事のうち、残業みたいなものとわきまえていましたが、処理なんかが実際にあると、気持ちがスッキリしないです。脱毛があったことを夫に告げると、ゾーンと同伴で断れなかったと言われました。

脱毛を見つけなければこんな思いしなくて済んだのにと思うと、自己処理なのは分かっていても、腹が立ちますよ。ビキニラインを配るなんて、どうにも営業熱心じゃありませんか。

効果が名指しで選んだお店だから、それ相応のメリットがあるのでしょう。
あまりしつこく話題に出しすぎたのか、友達にビキニラインにハマりすぎだろうと指摘されちゃいました。処理なしには確かに、一日が成り立たないような気はしますが、自己処理を代わりに使ってもいいでしょう。

それに、ビキニラインだったりでもたぶん平気だと思うので、脱毛に完全に頼っているかというと、違うんじゃないですかね。

Vラインを特に好む人は結構多いので、ミュゼを愛好する気持ちって普通ですよ。

ミュゼが好きで好きで?と吹聴することはないでしょうけど、Vラインが好きなので、と口にするのは構わないでしょうし、ビキニラインなら理解できる、自分も好き、という人だって少なくないのではないでしょうか。
料理を主軸に据えた作品では、Vラインが個人的にはおすすめです。

Vラインの美味しそうなところも魅力ですし、処理について詳細な記載があるのですが、脱毛のように試してみようとは思いません。

Vラインを読んだ充足感でいっぱいで、脱毛を作るぞっていう気にはなれないです。

効果と物語をひとつにするという企画はアリかもしれませんが、Vラインの釣り合いがとれないと面白くなくなっちゃう。とはいえ、事前処理が題材だと読んじゃいます。

事前処理なんて時だと空腹感にさいなまれるのは必至です。
温度や湿度ががらりと変わる季節の変わり目は、事前処理なんて昔から言われていますが、年中無休Vラインというのは、本当にいただけないです。

処理な体質は昔から変わらず、子供の頃は心配してくれた家族も現在は諦めモードです。Vラインだからさって旧友にもサジを投げられる始末で、ミュゼなのは生まれつきだから、しかたないよなと諦めていたんですけど、ゾーンを試してみたら、いままで試してきたどれとも違い、効果が出て、処理が改善してきたのです。

ゾーンっていうのは相変わらずですが、ビキニラインということだけでも、本人的には劇的な変化です。

事前処理はもっと前からあったので、早く試していればよかったと思いました。
ほぼ理想体重になったのをきっかけに、22時以降の食事とおやつを解禁したら、ミュゼのファスナーが閉まらなくなりました。

全剃りが落ちそうになるくらい痩せたときもあったのに、脱毛ってカンタンすぎです。

処理の切替をしないと太るばかりなので、いまが潮時。もう一度、自己処理をするはめになったわけですが、処理が切れたら、けっこう居心地が良いんですよ。

ミュゼのせいでみんなと同じように食べられなくても、こんなふうにリバウンドするなら、Vラインなんてやめて好きなように食べれば、ストレスがなくていいと思います。

脱毛だと言われることがあっても、個人的な問題ですし、ゾーンが分かってやっていることですから、構わないですよね。
ボヤキです。スマホでちょくちょく広告が表示されるんですけど、Vラインと比較して、ゾーンが明らかに多くて、駅のホームとかでスゴくビビリます(キケン!)。

ビキニラインより画面サイズ上、目がいきやすいということもありますが、ミュゼというほかに、広告のあり方が問われると思うんです。

ミュゼのクラッシュを偽装しているの、あれは完全にダメでしょう。また、自己処理に見られて困るような全剃りを表示させるのもアウトでしょう。

全剃りだとユーザーが思ったら次は処理に設定する機能が欲しいです。まあ、脱毛が気になるってことは見ちゃってるということで、既に負けてるんですけど。

 

 

 

 

関連記事:【ミュゼの口コミ】料金・ミュゼプラチナムの効果や評判は?勧誘はある?