【片想いが辛い】しんどい・苦しいときの対処法!好きな人にはどうすればいい?

片想い 辛い

片想いが辛い・苦しいのはどうして?原因について

片想い 辛い

片想いが辛い原因1・相手の気持ちを確かめることができないから

相手の気持ちが分からないとネガティブな気持ちを抱きがち

片想いが辛い原因として「相手の気持ちを確かめることができないから」というものがあります。

人は危険を予測して回避するために、悲観的な考えに偏りがちです。

しかも片想いの時には、相手の気持ちが気になって、常に相手のことを考え続けてしまいます。

頭の中だけで考えると、ぐるぐるとループしてしまい考えをまとめることができません。

そして、考えれば考えるほど脳が疲れてきますので、普段の生活の中でも正しい判断が出来なくなってしまいます。

こういう時には、不安に思う気持ちを箇条書きに書き出してみましょう。

「もうこれ以上書けない」というところまで書き出すと、頭の中がスッキリします。

そして書き出したリストを眺めていくと、悩みの問題は思っていたより少ないと感じることになりますよ。

 

片想いが辛い原因2・好きな気持ちに捕らわれてしまうから

捕らわれる時間が長いほど辛い気持ちになる

片想いが辛い原因として「好きな気持ちに捕らわれてしまうから」というものがあります。

片想い状態で、相手とのコミュニケーションがまだ取れない状態だと、頭の中だけでどんどん妄想が広がってしまいます。

最初のうちは前向きな妄想で楽しいときもありますが、相手との関係に進展が無いと今度は悪い妄想が広がってしまいます。

常に相手のことを考えてしまうので、仕事や学校で不注意になってミスをしたり怪我をしてしまったりします。

ミスやケガは、自己肯定感を下げてしまうので、よりマイナス思考が強くなっていきます。

相手を好きになる気持ちはプラス思考で考えたいですが、常に相手のことが気になって考えてしまうと、脳が常に動いている状態で疲れてしまうため、不注意でミスが起こったりしてしまうのです。

こういう時には、不安に思う気持ちを箇条書きに書き出してみましょう。

「もうこれ以上書けない」というところまで書き出すと、頭の中がスッキリします。

そして書き出したリストを眺めていくと、悩みの問題は思っていたより少ないと感じることになりますよ。

 

片想いが辛い原因3・告白をすることで今の関係性が壊れる可能性があるから

友達に戻ることもできなくなる可能性がある

片想いが辛い原因として「告白をするまで今の関係性が壊れる可能性があるから」というものがあります。

もともとは友達として仲良くしていた相手を、ふとしたときに恋愛対象として見始めた場合に「好きな感情や気持ちを伝えてしまったら、友達に戻れなくなるかも」という不安を感じてしまうかもしれませんね。

しかし、行動を起こさなければ悩み続けることになってしまいます。

「思い切って告白するか」「告白せずに友達のままいるか」は、確かに悩むところですが、本当に仲の良い関係であれば、告白した結果が良いものではなくても、友達関係は継続できることが多いです。

ただ、それでも友達関係が壊れてしまう場合もあります。

告白したことで壊れてしまう友達関係であれば、告白しなかったとしても、その後なんらかの理由で、離れることになるハズです。

 

 

片想いが辛い原因4・相手の反応に一喜一憂してしまうから

相手の口調や態度で喜んだり悲しんだりと疲れてしまう

片想いが辛い原因として「相手の反応に一喜一憂してしまうから」というものがあります。

好きな相手がこちらに好意を持っているような態度であれば嬉しくなり、冷たい感じがすれば落ち込んでしまうこともあるでしょう。

好きになると相手の反応で、自分の気持ちも左右されてしまうものです。

しかし、好きな相手には好きな気持ちが伝わるように、ちょっとしたプレゼントをあげたり、サポートしてあげたりと、喜んでもらえることをするのが大切です。

普段から相手を気にかけたり、サポートしてあげたりしていれば、あなたに対して頼ってくれるようになってきます。

相手がどうしてくれるか、というより、相手に何をしてあげられるか、を考えていく方が、相手の反応に振り回されずに済みますよ。

 

片想いが辛い原因4・相手が異性と楽しそうにすることに嫉妬してしまうから

だれかと楽しそうにしていると気になって仕方がない

片想いが辛い原因として「相手が異性と楽しそうにしていると嫉妬してしまう」というものがあります。

「異性とばかり話している」
「最近〇〇と仲良さそうに話してる」

あなたが相手となかなか話しができないのに、他の異性と話していると気になってしまいますよね。

これは、相手とまだ深くコミュニケーションが取れていないからです。

でも、よく考えると好きになる前からそうだったのではないでしょうか。

好きになってしまったので、気になるだけかもしれません。

話を聞いてみると「悩みを相談されてる」とか「友達の〇〇について聞かれてる」など、相手を恋愛対象としてみているわけでは無い時も多いのです。

大切なのは、自分の行動で相手との距離を縮めて、相手を理解できるようにすることですよ。

 

片想いが辛い原因5・自分が認められないような自己嫌悪に陥るから

相手から好かれないのは自分が悪い(顔・学歴・性格など)からだと思い込む

片想いが辛い原因として「相手から好かれないのは自分が悪い(顔•学歴•性格など)からだと思い込む」というものがあります。

「相手とは釣り合わないかも」
「話しかけられたら迷惑かな、、、」

行動を起こす前から悩んでしまうのは、やはり自分に自信がないからです。

人はそれぞれ唯一の存在だし、あなたに代わる人はいません。

相手もあなたのことをどう思っているかは、実際にコミュニケーションをとってみなければわからないのです。

それでも、行動する勇気が出ないのであれば、自分を磨いて自信をつけましょう。

見た目に自信が無ければ、髪型やファッションを変えてみる。

趣味やスポーツで知識や体を鍛えてみるなどしていくと、自分に自信が持てるようになりますよ。

 

片想いが辛い原因6・他人と自分を比較してしまうから

自己嫌悪から他人と自分を比較して落ち込んでしまう

片想いが辛い原因として「他人と自分を比較して自己嫌悪に陥ってしまうから」というものがあります。

「他の人の方が魅力的だから私(僕)なんて、、、」
「自分には、他の人より優っているものなんてない、、、」

行動を起こす前から悩んでしまうのは、やはり自分に自信がないからです。

人はそれぞれ唯一の存在だし、あなたに代わる人はいません。

相手もあなたのことをどう思っているかは、実際にコミュニケーションをとってみなければわからないのです。

それでも、行動する勇気が出ないのであれば、自分を磨いて自信をつけましょう。

見た目に自信が無ければ、髪型やファッションを変えてみる。

趣味やスポーツで知識や体を鍛えてみるなどしていくと、自分に自信が持てるようになりますよ。

 

 

片想いが辛い・苦しいの対処法/好きなひとがいるけどどうすればいい?

片想い 辛い

片想いが辛いの対処法1・距離を置く

相手のSNS(Twitter・Instagram・Facebookなど)は一切見ない

最近では、相手と連絡が取れなくてもSNSで相手の行動が見えてしまいます。

SNSは、人の日記を見ているようなものなので、緩やかなつながりを持つ上では便利ですが、見続けてしまうと自分が相手と同じ空間にいられないことに嫉妬や孤独感を感じてしまいます。

したがって、好きな相手の趣味趣向を知る上では活用しても良いですが、連絡ができなかったり、一緒にいられない気持ちを相手のSNSを見て紛らわそうとするのはかえって逆効果になってしまいます。

相手と会えなかったり、連絡がとれない状況ならSNSを見るのは止めましょう。

SNSにコメントしたりしても、寂しさが増すだけです。

基本的には直接電話したり、LINEなどでコミュニケーションをとって、関係を深めてきつことが大切ですよ。

 

相手の連絡先(SNS・電話番号など)は消去する

相手にアプローチしても上手くいかなかったとき、アプローチする方法がないとき、どうすれば良いかわからなくなってしまいますよね。

手の届かない存在なのに、連絡する手段があるのはもどかしい気持ちになってしまいます。

上手くいかないときは、そのタイミング、その相手ではなかったということ。

思い切って、連絡先の電話番号やSNSを消去してしまうのも一つの方法です。

連絡ができない、SNSも見られない状況にしてしまえば、違うことに気持ちを切り替えやすくなります。

同じ相手を長く追いかけるのは、自分の精神的にも辛いですし、なにより他に出会うチャンスを逃していることにもなります。

今、好きな相手と上手くいかないのは、もっといい相手が待っているからとも言えます。

壁にぶち当たってしまったときには、方向転換してみるのも大切ですよ。

 

相手に会う機会をなるべく減らす

片想いで苦しいとき、好きな相手の顔が見えてしまうと余計に辛くなります。

会社や学校が同じ場合には、会う機会を減らせる状態なら、なるべく避けるようにしましょう。

忘れようとしても顔や姿を見てしまうと、相手のことが気になってしまいます。

会社や学校以外の出会い(サークル活動)なら、そのサークルへの参加はしばらくやめて、違うサークルに参加するようにしましょう。

今の片想いの相手から一旦気持ちを離すためには、他の出会いを見つけることが一番の方法です。

同じ相手を長く追いかけるのは、自分の精神的にも辛いですし、なにより他に出会うチャンスを逃していることにもなります。

今、好きな相手と上手くいかないのは、もっといい相手が待っているからとも言えます。

壁にぶち当たってしまったときには、方向転換してみるのも大切ですよ。

 

相手の思い出の品(写真など)は捨てる

片想いで苦しいとき、好きな相手の思い出の品や写真を見てしまうと余計に辛くなります。

ちょっとしたプレゼントや、一緒にでかけたときのお土産品、部屋に貼ってある写真やスマホに入っているデータもついつい見てしまうと相手のことを思い出してしまうので、思い切って捨てましょう。

捨てるには勇気がいりますが、片思いの相手に捕らわれて時間だけが過ぎてしまうのはもったいないです。

今の片想いの相手から一旦気持ちを離すためには、他の出会いを見つけることが一番の方法。

同じ相手を長く追いかけるのは、自分の精神的にも辛いですし、なにより他に出会うチャンスを逃していることにもなります。

今、好きな相手と上手くいかないのは、もっといい相手が待っているからとも言えます。

壁にぶち当たってしまったときには、方向転換してみるのも大切ですよ。

 

片想いが辛いの対処法2・相談をする(誰かと一緒にいてもらう)

辛い思いを吐き出すと楽になる

片想いが辛いときは、一人にならずに誰かに相談するようにしましょう。

相談ということではなくても、誰かと一緒に過ごすだけでも気持ちが軽くなります。

一人で考え続けてしまうと、どうしてもマイナスの考えになりがちです。

できるかぎり誰か信頼できる人(友達・家族)に、話を聞いてもらって、不安な気持ちを吐き出してしまいましょう。

友達同士なら恋愛話もしやすいし、友達の恋愛話が参考になるときもあります。

親や兄弟と仲が良ければ家族に話してみるのもいいですね。

色々な条件で、友達や家族にも話しづらい場合には、占いや相談などもためしてみましょう。

今では、電話でも占いや相談ができる時代ですので、家から出るのも面倒なくらい辛い場合には、電話を活用して、悩みを吐きだすようにしましょう。

 

1人で考え込むと悪い方向に考えてしまう!誰かと一緒に過ごしましょう

片想いが辛いのは、一人でぐるぐると頭の中で考え込んでしまうからです。

一人で考えるとループ状態になって、同じことを考え続けてしまい、だんだん脳が疲れてきてしまいます。

疲れてくると、良い方向に考えられなくなりマイナス思考になってしまうのです。

ループ状態になるのは、一人で頭の中だけで考えているからで、誰かに話を聞いてもらったりすると、自分では考えつかなかった発想を提供してくれることがあります。

しかし、必ずしも人に話したり、相談する必要はなく、誰かと過ごすだけでも十分です。

考えるだけでは解決には向かいませんので、誰かと過ごすことで一時的でも気分を紛らわせれば、自分の中で新しい気付きや発想が湧いてくることもありますよ。

 

友人など誰かといる時間を増やしましょう

片想いが辛いからといって一人で引きこもってしまうのは、悩みを解決する手段にはなりません。

なぜなら、一人で過ごすと同じ内容をぐるぐると考えてしまうからです。

一人でできるとすれば、悩みや考えを紙に書き出して整理することですが、辛いときはそれもできないでしょう。

そういったときには、友人と過ごすことで気分が軽くなっていきます。

家族が近くにいれば、家族と過ごすのもいいですね。

趣味のサークルや習い事をしていれば、そちらに積極的に参加して、人と触れ合うことも大切です。

人と過ごすことで、自分の存在意義を見出したり、他の人のちょっとした発言が参考になったり、片想いの考えから一時的でも離れることによって、前向きな考えが浮かんだりしますよ。

 

片想いが辛いの対処法3・泣く!(映画や音楽などで思いっきり泣く)

思い切り泣くとすっきりする!映画や音楽などで思いっきり泣きましょう

片想いが辛いときの対処法として「思い切り泣く」ということがあります。

映画やドラマ、コンサートなどで「泣く」となぜかスッキリしますよね。

普段抑えている感情を、映画やドラマをコンサートをきっかけに開放することで、気持ちが落ち着くということです。

また「泣く」ことは、科学的にもストレスを軽減する効果があったり、リラックス効果もあります。

それは、涙にはコルチゾールというストレス成分を体外に排出し、ストレスを低下させる作用があったり、副交換神経が優位になり、血管を広げることで脳の血流がよくなり、体がリラックスした状態になるのです。

普段何気なく過ごしている日常でも、少しづつストレスが溜まっているので、定期的な運動やストレス解消方法が特に無い人は、映画やドラマで思っきり涙してみるのを試してくださいね。

 

辛い気持ちをひたすら紙に書く!書くことですっきりする

片想いが辛いとき、頭の中だけで考えてしまうと、グルグルとループしてしまうので、一度紙に書き出してみましょう。

書き出し方はいくつかありますが、箇条書きで書いていくのが書きやすいです。

時間制限が無いとモチベーションが上がらない場合もあるので、◯◯分以内に〇〇について書く、などテーマを作って書き出すと良いでしょう。

例えば「辛い理由を10分以内で書く」「相手を好きな理由を10分以内で書く」「相手の良いところを10分以内で書く」などです。

そして、書くのはもちろん手書きで行う方が効果的です。

なぜなら、手書きだと漢字を思い出したりすることで脳が活性化するからです。

パソコンやスマホのフリックだと、手の動きが単調になり、変換もしてくれるのであまり頭を使うことがありません。

 

片想いが辛いの対処法4・趣味など没頭できるものを探す

興味のあることに挑戦しましょう!新しい体験をすることで気持ちがリフレッシュする

片想いが辛い時の対処方法として「趣味など没頭できるものを探す」というものがあります。

片想いで相手のことばかり考えていても、タイミングが合わないときにはどうすることもできません。

タイミングが合うときまで、少し時間をズラす必要があります。

気分を変えるには新しいことにチャレンジしたり、そこで出会う人に刺激を受けるのが有効です。

今までやってみたかったヨガやダンスなどの習い事を始めるのが刺激としては良いですが、社会人サークルでキャンプをしたり登山をしてみてもいいですね。

キャンプや登山なら、楽しみながら学べるし、そこで出会う人から刺激を受けることができます。

新しい経験をすることでリフレッシュすれば、新しいあなたの魅力が見えてきて、片想いの相手も何か変化を感じてくれるかもしれませんよ。

 

 

片想いが辛いの対処法5・思いっきり体を動かす(汗をかく運動をする)

思い切り汗を書くことで気持ちがすっきりする

片想いが辛いときの対処方法として「思いっきり体を動かす(汗をかく運動をする)」というものがあります。

運動が苦手でないなら、ジムやプールが一人でも行ける手軽な運動ではないでしょうか。

ジムと言ってもマシンを使うのではなく、ランニングマシンやサイクルマシンで映画や音楽を聞きながら運動して汗をかくことができます。

ジムにわざわざ行くのが面倒な人は、近くをランニングしたり、自転車で川沿いを走ってもてもいいですね。

新しいことをやってみたい人は、ダンスやヨガを習ってもても良いのではないでしょうか。

ダンスでは好きなアーティストのカバーダンスを習えるところもありますので、なりきりで踊ってみても楽しいですよ。

ヨガなら、オンラインで自宅でもできるのでお手軽です。

 

サッカーやバドミントンなど友人とできるスポーツがおすすめ

片想いが辛いときには、運動で汗を流すのも大切ですが、誰かと一緒にいることで気が紛れるという点も大きなポイントです。

したがって、スポーツで汗を流すのにも、誰かと一緒にできるものが良いです。

バドミントンはスペースをあまり使わないので、友達同士でも手軽にできるスポーツですね。

緑の多い大きな公園などに行けば、バレーボールやフリスビーなどもできるし、男女混合でサッカーをしてみてもいいですね。

ちょっと変わったことをしてみたいときには、バッティングセンターやゴルフの打ちっぱなしなども面白いです。

ゴルフについては、バーチャルな感覚で楽しめるものもあるので、チャレンジしてみても良いですよ。

他にもボーリングや卓球などは、大きめのゲームセンターに行くとできるので、アミューズメント感覚で、大きめのゲームセンターに行ってみましょう。

 

片想いが辛いの対処法6・雄大な自然を満喫する(旅行など)

雄大な自然を見ると悩みなんてどうでもよいと感じる

片想いが辛い時の対処方法として「雄大な自然を満喫する(旅行など)」があります。

海外旅行が好きな場合には、雄大な自然を感じる場所がたくさんあるので友達と行ってみましょう。

国内でも自然を感じられるスポットはたくさんありますので海外旅行が苦手な人は、沖縄や九州の離島や、東京にも絶景の離島があるのでおすすめです。

泳ぐのが好きな人は、沖縄や東京の離島でシュノーケルやスキューバダイビングをするだけでも、水中の豊かな自然を感じられてリフレッシュできますよ。

日本国内は、身近に自然がたくさんあるので、ちょっと出かけただけでも自然を感じられるところがいっぱい。

自然を感じることで、家の中で引きこもって悩んでいたことがうそのようにリフレッシュすることができますよ。

 

旅行に行くと気分が一新する

雄大な自然を見ることで、今まで悩んでいたことが吹き飛ぶというのは良くあることですが、いつもと違う景色を見るだけでも脳が新しい刺激を受けるので、リフレッシュ効果があります。

いつもは行かない少し高級なホテルでランチを食べたり、ディナーを食べたりするのも手軽でいいですね。

少し時間があれば、高速バスを使って日帰りで温泉にいったり、遊園地なども非日常を味わえるので気分転換になります。

旅行先では、陶芸体験やガラス細工体験などを行っているところも多いので、是非やって見て欲しいです。

もしかしたら、そこから陶芸やガラス細工にハマってしまうかもしれませんよ。

あまり時間がないときには、近所を歩いてみるだけでも色々と発見があるものです。

いつもは行かないお店に入ってみたり、公園でピクニックしたりするだけでも気分転換になりますよ。

 

片想いが辛いの対処法7・思い切って告白する

相手の気持ちを聞きましょう!

片想いが辛いときの対処方法として「思い切って告白する」というのがあります。

片想いが辛いのは、終りが見えないからです。

「いつになったら振り向いてくれるかな?」
「付き合える日は来るのかな?」

このように考え続けても行動を起こさなければ状況は変わりません。

相手がどれくらいあなたに興味があるか、がんばってアプローチしてるけどこちらを気にかけてくれているのか、その答えは実際に聞いてみるしかありません。

告白せずに時間ばかり過ぎていくのは、あなたの大切な時間をどんどん消費してしまうことになります。

それに、他にあなたのことを待っている相手がいるかもしれません。

目の前の相手に対して、ハッキリさせたいときには思い切って告白するしかないですよ!

 

辛い片想いを吹っ切るには新しい出会いも大切

片想いの相手と上手く両想いになかなか進めなくても、落ち込むことはありません。

目の前の恋愛が上手くいかないということは「次に進め!」という合図という考え方もできます。

片想いで相手のことを考えすぎて疲れてしまい、辛くて耐えられなくなってしまってからでは、正しい判断ができなくなるし、体調も崩してしまいます。

一度体調を崩してしまうとそこから立ち直るのに時間がかかってしまいますので、そうなる前に、新しい出会いに目を向けておきましょう。

最初から恋愛目的でなくてもいいですが、色々な人と出会うきっかけは持つようにしておくことが大切です。

趣味や習い事、社会人サークルなどもいいですし、無料で登録できるマッチングアプリなども、簡単気軽に登録できるので、試してみても良いかもしれませんね。

 

関連ページ:【ペアーズの口コミ】出会いマッチングアプリ「pairs」の評判は?

関連ページ:【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリ出会い系の出会いサイトはワクメで!

関連ページ:【イククルの評判】マッチングアプリweb版の口コミと評価は?

 

 

片想いが辛いの対処法8・他の異性との出会いを大切にする

あなたに関心・好意を持ってくれる異性との出会いも大切です

片想いが続いていると、好きな相手のことしか考えられなくなってしまいます。

しかし、よくよく考えてみるとあなたのことが気になっている人が身近にいるかもしれません。

会社の同僚、同じ部活の後輩、バイト先の先輩など、普段は片想いの相手しか見えてなくて、実はあなたに好意を寄せている人がいるかもしれません。

片想いで相手を思い続けているのも自身の気持ちを大切にすることですが、片想いが長く続いて疲れてしまったときには、一旦片想いの気持ちに区切りをつけて、他の異性についても考えてみることが大切です。

いつも相談にのってくれていた友達や先輩、後輩が実はあなたのことを好きなのかもしれません。

そのようなことがなくても、誰かがあなたのことを待ってくれているかもしれませんので、新しい出会いの場に出ていったり、マッチングアプリを試したりすることで、あなたを待っている異性を見つけることができますよ!

 

関連ページ:【PCMAXの体験談】出会える?マッチングアプリの出会い体験!

関連ページ:【片想いが辛い男性】好きすぎて苦しい・やばいときの対処法とその理由

 

 

諦めたほうがいい片想いもある!?諦めなくてもいい片想いとは?

片想い 辛い

諦めた方がいい片想い1・相手にパートナーがいる場合

相手に恋人がいる・既婚者の場合は諦めましょう

諦めた方がいい片想いとしては「相手にパートナーがいる場合」です。

出会ったときに、相手が既婚者であるとか、恋人がいることをわかっていれば、そもそも恋愛の対象にならない場合が多いでしょう。

しかし、出会った時点ではパートナーがいることがわからず、好きになり始めてからパートナーがいることを知ってしまう場合もあります。

そしてパートナーがいることを知った時点で諦められれば良いですが、そのまま好きな気持を抑えられずに片想いを続けてしまう場合もあります。

相手にパートナーがいるということは、あなたと相手が出会うタイミングではなかった、ということになります。

その後は友達として付き合うのは良いですが、片想いの相手としては考える続けるのは、時間を無駄にしてしまうことが多いです。

なぜなら、あなたを待ってくれている相手がいるはずですので、新しい出会いに向けて行動を起こした方が、良い時間の使い方ができますよ。

 

あなたに好意・関心を持ってくれる相手を探しましょう!

片想いの相手にパートナーがいるということは、終わりの見えない追いかけっこをしているようなものです。

「今の相手と別れて、こちらを向いてくれるかもしれない」

確かにそういう場合もあるでしょう。

しかし、新しく出会って両想いになれるほうが、可能性としては高くなります。

「もし今片想いしている相手が、パートナーがいないときであれば、、、」

と考えても、今現在パートナーがいることには変わりがありません。

逆に言うと、あなたを待ってくれているパートナーがいない人の方が大勢いるのです。

そういった人と出会うには、新しい環境に出ていくことが大切です。

新しい趣味を始める、社会人サークルに入る、マッチングアプリに登録してみる。

ちょっとした行動で、あなたに好意や関心を持っている相手と出会うことができますよ!

 

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインでハピメのログイン画面は?

 

 

諦めた方がいい片想い2・相手からの連絡や誘いが全くない場合

あなたに好意・関心があれば相手から連絡や誘いがあるはずです

諦めた方がいい片想いとしては「相手からの連絡や誘いが全くない場合」です。

始めのうちは、あなたからアプローチしてみて、誘いに乗ってくれていたとしても、しばらく経ったら、相手からの反応がどうなのかを落ち着いて考えてみるのも大切です。

「そういえば、こちらから連絡してばかり」
「相手から連絡がきたことがない」

このような状態では、相手はあなたに好意どころか興味や関心がないのかもしれません。

あなたから誘ってばかりでも、あなた自身が納得していればいいですが、
「たまには相手からも誘って欲しい」
「こちらから連絡してばかりで疲れる」
というような気持ちになってしまった場合には、一旦相手とは距離をおいてみた方がいいです。

それでも相手からの連絡がない場合には、次の出会いへ行動を起こしていくのが良いですよ。

 

諦めた方がいい片想い3・2人きりで会おうとしてくれない場合(あなたへの好意がない)

好意のない相手とは2人きりで会うことはしません

諦めた方がいい片想いとしては「2人で会おうとしてくれない場合」です。

グループで飲み会をしたり、出かけたりはできるけど、「2人で出かけよう」というときに、良い返事をもらえないときは、あきらめた方が良いです。

2人で会ってくれないということは、あなたとの関係性を深めたいという気持ちがない、ということになります。

出会ってすぐに2人で会う、というのを求めるのは難しいかもしれませんが、グループで何回か会っていて、話もする仲なのに、2人で会おうとすると避けられるのは、あなたへの好意がないと思って良いでしょう。

もしかしたら、知らないだけで相手にパートナーがいるのかもしれません。

こういう場合には、気持ちを切り替えて別の出会いに進めるよう行動を起こしましょう。

 

諦めなくてもいい片想い1・相手に特定のパートナーがいない場合

相手にパートナーがいない場合はチャンスがあります

「パートナーが欲しいっていってたよ」
「最近別れたばかりらしいよ」

片想い相手の友達や知り合いなどからこんな話を聞けたらチャンスです!

「すでにパートナーがいるかもしれない」
「自分じゃ相手にふさわしくないかも」

こんな不安があっても、相手にパートナーがいないことが分かればあなたにも可能性はあります。

まずは、周囲に話を聞いて相手の趣味趣向をできるだけ知っておきましょう。

話しかけるにも、ある程度相手のことを理解していればその後の会話がスムーズになります。

せっかく気になる相手ができたのですから、相手に何をしてあげられるかを考えて、サポートしてあげたり、喜ばせてあげたりと、二人の距離を近づけていくように行動してきましょう!

 

諦めなくてもいい片想い2・相手から連絡や誘いがある場合

好意・関心のない相手に連絡や誘いはしません

諦めなくてもいい片想いは「相手から連絡や誘いがある場合」です。

憧れていた相手から連絡をもらえたり、お誘いがあった場合には積極的に参加するようにしましょう。

「私にはふさわしくない」
「自分は誘われるような人間じゃない」

片想いの相手が素敵すぎて、自分は遠慮してしまいそうな気持ちが湧いてくることもあるかもしれません。

しかし、自分自身に起こることは、それに見合ったタイミングで起こるようになっています。

決して乗り越えられないようなことは起こりません。

片想いの相手とコミュニケーションを取るせっかくのチャンスですので、遠慮せずに応えましょう。

もし誘われた場で上手く立ち回れなかったとしても、その点を反省して次に活かすことができますよ。

 

諦めなくてもいい片想い3・2人だけで会ってくれる場合

2人で会おうとするのは好意・関心がある証拠

諦めなくてもいい片想いは「2人だけで会ってくれる場合」です。

会社の同僚や学校の先輩・後輩、社会人サークルなど、グループの中で気になる相手がいた場合、あなたがアプローチをして2人だけで会ってくれることになった場合は、関係の進展が期待できます。

2人だけで会うということは、よりあなたのことを知りたい、親密になりたいという感情の現れですので、このチャンスを活かすようにしましょう。

片想いの相手が素敵すぎて、自分は遠慮してしまいそうな気持ちが湧いてくることもあるかもしれません。

しかし、自分自身に起こることは、それに見合ったタイミングで起こるようになっています。

決して乗り越えられないようなことは起こりません。

片想いの相手とコミュニケーションを取るせっかくのチャンスですので、遠慮せずに応えましょう。

もし2人きりの場で上手く立ち回れなかったとしても、その点を反省して次に活かすことができますよ。

 

 

諦めなくてもいい片思い4・あなたに相談をしたり弱いところを見せている場合

嫌いな相手に相談したり弱みを見せることはありません

諦めなくてもいい片想いは「相手があなたに相談したり、弱いところを見せてくれる場合」です。

相手との会話の中で、相談されたりとか弱みを見せてくれるということは、あなたを信頼して頼りにしてくれている、ということです。

こうなってくると、相手はあなたを必要としてくれているので、連絡の回数や会う回数も増えてくるでしょう。

接触回数が増えれば増えるほど、相手のこともより理解できるようになり、相手もあなたへの気持ちが高ぶっていくでしょう。

ひょっとすると、相手は自分がこんなにも弱みを見せていることに自分自身では気付いていないこともあります。

こういった関係になれたということは、あなたが相手のことを親身に考えて、対応しているからでしょう。

関連記事:【片想い女子あるある】好きな人に胸キュンしてしまう恋愛女子!

 

 

片想いの人は要注意!嫌われる行動を紹介します

片想い 辛い

注意点1・1日に何回も電話やLINEをする

しつこい相手は嫌われる

片想いをすると、相手のことで頭がいっぱいになってしまいますよね。

しかし、好きすぎるからといって1日に何回も電話やLINEをするのは、相手の迷惑になってしまう場合もあります。

2人の関係がまだ深まっていない状態で一方的にしつこく連絡をしてしまうと、それに応えるのが嫌になってしまう可能性があります。

LINEは電話のように相手の都合に関係なく送れてしまいますが、受け取った側としては、あまりに頻繁にメッセージを送られると、それに返信を送らなきゃというプレッシャーを感じてしまいます。

電話も出ないからといって何度もかけてしまい、着信履歴にたくさん残っていると、何か大変なことが起きたのかと心配になってしまいますよ。

 

相手の都合を考えましょう

「電話がつながらない」
「LINEを送ってもすぐに返事が来ない」

これは、あなたの都合で考えている状態です。

好きだからすぐに連絡をとりたい気持ちもわかりますが、相手にも都合があります。

相手のことを考えて行動すると、意外と連絡がとれたります。

「もう寝ちゃっただろうな」
「今日は仕事が遅いっていてたからまだ会社だろうな」

こういう風に考えておくと、連絡の仕方も変わってくると思います。

「さっき電話したけどまだ仕事みたいだね。疲れてなかったら連絡くれると嬉しいです」
「多分寝ちゃったと思うからメッセージにしました。また明日電話するね」

こういうような、相手の都合を意識したLINEを送っておけば、相手も連絡を返せなかったことについて負担には感じられません。

逆に「こっちのことも考えてくれてるんだね」と良い意味で受け取ってくれますよ。

 

注意点2・断られても何度も誘う

相手から誘ってくるのを待ちましょう

「何度も誘ってるのに応えてくれない」
「こんなにLINEしてるのに返信をくれない」

なかなか誘いに応えてくれないのは、本当に忙しいか、あなたへの興味がそれほど無いか、ということが考えられます。

「本当に忙しくて返事ができない」という場合、相手は「返事したいけど、時間がとれない」という罪悪感を抱えてしまいます。

ですので、ある程度連絡をとってみても返事がない場合は少し時間をおいた方が良いです。

それでもあなたから連絡し続けると、今度は時間が経って落ち着いてからも、相手が罪悪感からあなたへ連絡がしにくくなってしまいます。

「あなたへの興味がそれほど無い」場合でも、連絡し続けるのは逆効果です。

一旦連絡を止めてみて、少し時間をおいてから連絡するようにしましょう。

しばらく時間が経つと、相手は「あれだけ連絡があったのに無くなった?」と不思議に思って、あなたからの連絡を待つようになる場合もありますよ。

 

注意点3・2人きりで会うことに拘る

グループで会って2人の距離を縮めていきましょう

相手との仲を深めたいからといって、すぐに2人で会おうとするのは相手によっては抵抗があってすぐにはできない場合があります。

そういう相手は慎重なので、まずはグループで会って距離を縮めていきましょう。

会社の同僚なら普段の仕事の中で出来るかぎり相手をサポートするとか、社会人サークルならサークル活動に積極的に参加して存在を知ってもらうとかです。

そこから複数人で飲み会をしたり、どこかへ出かけたりする内にあなたの性格を理解してもらいながら、2人の趣味趣向などの共通点を見つけて、2人で会える口実を探しましょう。

「バンドの◯◯が好きっていってたから一緒に行かない?」
「お酒が好きっていってたから、今度良いお店つれていくよ」

2人で会うための理由を見つけるために、グループで会っているときにできるだけコミュニケーションをとっておきましょう!

 

注意点4・相手に気を使いすぎる(自分らしさを見失う)

気を使われすぎると疲れてしまいます

片想いのときの注意点として「相手に気を使いすぎる(自分らしさを見失う)」ということがあります。

「◯◯と◯◯はどっちが好き?」
「◯◯しようか?」

相手に気を使って、全てのことに対して相手の好き嫌いや判断を聞いていると、最初のうちは良いですが、だんだんとその都度判断するのが負担になってきます。

むしろ「私は◯◯だと思うけどどう?」というように、自分の意見も入れておりは方が、YES、NOで応えられるので相手は楽になります。

また、好きな相手を目の前にすると緊張してしまいますよね。

それは「変なところを見せたくない」とか「良いところを見せよう」という現れですが、その作った自分で相手に好かれても、今後ながく付き合っていく上ではどこかで疲れてしまいます。

出来る限り自然な自分を出せるようにしていくことが大切ですよ。

 

関連ページ:【片想いを成就する方法】片想いを両想いに!恋愛を叶えよう!

 

 

片想いが辛い・苦しいの対処法についてまとめ

片想いが辛い・苦しいの対処法について調べてきました。

片想いは最初のうちは好きな人を見つけられたことで嬉しい感情が大きいですが、その思いが届かなくて長く続くほど辛くなってきます。

恋愛はタイミングがとても重要なので、タイミングが良い場合は普通にアプローチすれば上手くいきます。

しかし、タイミングが悪いとアプローチしてもなかなか反応してくれません。

片想いが長引いてしまいそうなときには、一旦気持ちを切り替えられる余裕も必要になります。

「アプローチしたけど上手くいかない、今はタイミングじゃないんだな」と思えれば、時間が経ったあとに、その相手と上手くいく場合もあります。

片想いの相手に向けている時間をどれくらいにするかは、個人の判断になりますが、辛くてどうしようもないときには思い切って気持ちを切り替えるようにしましょう。

なぜなら、あなたを待っている人が他にもたくさんいるからです。

 

関連記事:【片思いを諦める方法】恋愛で好きな人を諦めるタイミングとは?