【片想い男子あるある】話せるだけで嬉しい!恋してる男のあるあるはこれ!

片想い 男 あるある

片想い男子あるある!恋してる男子あるある

片想い 男 あるある

片想い男子あるある1・話せるだけで嬉しい!

片想い男子は、好きな相手女性と話せるだけで浮かれてしまいます。

普段は無愛想な男子でも、ついつい笑顔が出てしまったり、照れてしまったりと、いつもは顔に表情が出ない男子はバレバレですね。

男性は思考が単純な場合が多いので、顔や行動を見ていればどのような感情を持っているか分かります。

急に意中の女性から話しかけられたりすれば、異常にビックリしたり、転んだりするかもしれません(笑)

女性はそういった行動には敏感な場合が多いので、好意を向けられてるとすぐにわかってしまいます。

または、周囲で見ている女性には好意がバレてしまっていることも。

そんなバレバレな行動を隠してしまうのが片想い男子の可愛らしいところでもあります。

 

片想い男子あるある2・相手の目を見て話せない

片想い男子のあるあるとして「相手の目を見て話せない」というのがあります。

普段は自信たっぷりに振る舞っている男性でも、好きな女性から話しかけられた途端に挙動不振になり、体が硬直したり、目をそらしたりします。

しかし、男子だけの学校に通っていたりする場合は、女性全般に対してこのような「目を見て話せない」などの行動をする場合もあるので、その辺は見極めが必用です。

男性は思考が単純な場合が多いので、顔や行動を見ていればどのような感情を持っているか分かります。

急に意中の女性から話しかけられたりすれば、異常にビックリしたり、転んだりするかもしれません(笑)

女性はそういった行動には敏感な場合が多いので、好意を向けられてるとすぐにわかってしまいます。

または、周囲で見ている女性には好意がバレてしまっていることも。

そんなバレバレな行動を隠してしまうのが片想い男子の可愛らしいところでもあります。

 

片想い男子あるある3・ついついカッコつけがち

片想い男子のあるあるとして「ついついカッコつけがち」というのがあります。

愛情表現が苦手な男性は、好きな女性の前では強がってみたり、冷たい態度を取ったりと、始めは「なんだこの人?」と思われますが、女性目線で冷静に観察してみると可愛らしいものです。

しかし、度が過ぎるとただの嫌なヤツになってしまいますので、その点は注意が必要です。

カッコつけて強がるなら、重いものを持ってあげるとか、面倒なことを代わりに引き受けるとか、相手のためになることに使いましょう。

カッコつけているのが、本当にカッコよくなるのは、相手のことを考えて行動する時です。

一番わかりやすいのは「人のためになるけど、他の人がやりたがらないことをやる」ということです。

 

片想い男子あるある4・自分を大きく見せようとする(〇〇できるよ!など)

片想い男子のあるあるとして「自分を大きく見せようとする」というのがあります。

人間の習性として「自分は価値のある存在であることを人に知ってもらいたい」という点があります。

これは、人間が人と関わって生きていく上で必要なものです。

なので、自分が好きな相手に自分を大きく見せようとするのは自然なことです。

しかし、その表現方法が見当違いなものにならないようにするのがポイントです。

例えば会話の中で話題に出てもいないのに「自分は〇〇ができる」「〇〇さんより、自分の方が〇〇できる」など、必要以上にアピールするのはマイナスになることもあります。

必要なのは、相手を助けられるような能力や技術、行動力を持っている、ということを伝えられるようにしておくことです。

 

片想い男子あるある5・相手が男と話していると嫌な気持ちになる

片想い 男 あるある

片想い男子のあるあるとして「相手が男と話していると嫌な気持ちになる」というのがあります。

片想いの状態では、相手の女性の気持ちが理解できず、不安になっている状態です。

「他の男性を好きなのかもしれない」
「彼女を他の男性に取られてしまうかもしれない」

しかし、いくら他の男性との接触を不安に思っても、片想い状態ではどうすることもできません。

やるべきことは、彼女と話したり、彼女を誘って出かけることです。

会話や接触を続けていくうちに、彼女との距離が縮まり、彼女のことを理解できるようになります。

両想いになれば「他の男性と話してるのを嫌な気持ちになる」というのは、女性からしてみれば「そんなに私のことを想ってくれるんだ」という場合もあります。

しかし度が過ぎると、自分勝手な要求を相手に求めてしまうことになり、逆効果です。

 

片想い男子あるある6・2人になるチャンスを作ろうとする

片想い男子のあるあるとして「2人になるチャンスを作ろうとする」というのがあります。

好きな女性とは、2人っきりで話したり、出かけたりしたいですよね。

しかし、大勢で集まっているサークルや飲み会中に、急に2人になろうとする場合、相手女性が快く受け入れてくれるのなら良いですが、やんわりと断られたり、避けられたりする場合は、まだ女性からの信頼を得られていない、ということになります。

無理して2人になろうとすると「変なことをされるかも」と警戒されてしまうので、コミュニケーションをとりながら少しづつ距離を詰めていきましょう。

相手女性からの信頼を得られていない状態で、2人で過ごそうとすると逆効果になってしまいますので、注意が必要です。

 

片想い男子あるある7・相手のことを何でも知りたくて質問する

片想い男子のあるあるとして「相手のことを何でも知りたくて質問する」というのがあります。

相手のことを理解するには質問することも大切ですが、あまりにも質問攻めにすると事情聴取をしてるみたいになってしまいますよ。

質問は会話の中で自然にできるようにしましょう。

また、ただ質問するだけでなく「僕は〇〇が好きなんだけど、君はどう?」というように、自分の意見を入れながら聞くと、相手も話しやすくなりますよ。

あと、質問内容は距離感に応じたものにした方がいいです。

いきなり「何歳までに結婚したいと思う?」とか「子供は何人ぐらい欲しい?」といった質問は、仲を深めてからのほうが良いです。

まずは簡単に答えられる質問から始めて、仲が良くなってきたら深い質問をしていきましょう。

 

片想い男子あるある8・ハートマークだけで自分に気があると勘違いする

片想い男子のあるあるとして「ハートマークだけで自分に気があると勘違いする」というのがあります。

LINEでメッセージを送り合っている時に女性からハートマークを送られると「自分に気があるのかも」と勘違いする場合があります。

ハートマークは人それぞれどのような気持ちで使っているかはわからないので、単純に好意の現れだと思ってしまうのは気が早いですよ。

相手の女性が自分に気があるかどうかを知るには、誘ってみてどのような返事をもらえるかでわかります。

ディナーや遊園地など、2人で出かける誘いに乗ってきてくれるなら、可能性はあるでしょう。

しかし「2人よりもみんなで遊びたい」ということなら、まだ彼女からの信頼を得られていないと考えられます。

しかし、そこでガッカリせずに大勢で会う中で、彼女に親切にしたり、気づかったりして自分の気持ちを表現するようにしましょう。

 

片想い男子あるある9・LINEや電話の回数が増える

片想い男子のあるあるとして「LINEや電話の回数が増える」というのがあります。

相手の女性より、自分の気持ちの方が強い片想い状態では、どうしても自分からのLINEや電話が増えてしまいます。

最初のうちはそれでも良いかもしれませんが、LINEの返信が遅くなったり、電話に出てくれないことが増えたり、電話の折り返しがもらえなかったりするようになってきたら注意が必要です。

上手く彼女と繋がらないのは、タイミングが良くないと考えられますので、それでもさらにLINEを送ったり、電話をし続けたりすると逆効果になります。

ある程度自分からのアプローチを続けたあとは、一旦連絡をやめてみるのも大切です。

相手の女性が寂しくなって、向こうから連絡が来れば良い傾向。

このタイミングで2人で出かける誘いをしてみましょう。

 

片想い男子あるある10・LINEを送る前に文面を何度も見返す

片想い 男 あるある

片想い男子のあるあるとして「LINEを送る前に文面を何度も見返す」というのがあります。

LINEは基本的に短文を送り合うものですが、片想い男子は、気持ちが高まってしまい長文を送ってしまう時があります。

長文を送る時には何度も見返して
「誤字脱字なないだろうか」
「彼女に嫌な気分は与えないだろうか」

と悩んでしまいます。

特に夜中にLINEを送ろうとすると長文になりがちです。

それは、夜中は副交感神経が働くため、理性より情動が優先されるからです。

夜は気持ちが高揚して、ついつい色んなことを妄想しながら文章を書いてしまいます。

その文面をそのまま送ると、翌朝恥ずかしい思いをすることになるので、夜の長文は避けましょう。

 

片想い男子あるある11・相手の好きなタイプの男を聞いてしまう

片想い男子のあるあるとして「相手の好きなタイプを聞いてしまう」というのがあります。

「彼女はどんなタイプが好きなんだろう?」
「彼女の理想のタイプにあってるかな?」

と考えて聞いてみるのはいいですが、必ずしもいい結果が出るとは限りません。

自分とかけ離れたタイプが好き、となるとリアクションが取れないですよね。

それでも耐えられる自信があるなら聞いてみても良いです。

しかし、好きなタイプと実際に付き合うタイプは一致しない場合もあるので心を強く持ちましょう。

あくまでも参考として聞くだけで、自分が彼女の好きなタイプと違ってもガッカリせずに、アプローチしてみるのが大切です。

「彼は好きなタイプじゃなかったのに付き合うことになった」

ということもあるので、アプローチの仕方次第ですよ!

 

片想い男子あるある12・振られたらどうしよう・・・と友人関係を続けてしまう

片想い男子のあるあるとして「振られたらどうしよう、、、と友人関係を続けてしまう」というのがあります。

片想い男子は、自分に自信を持つことができないので、片想いを続けてしまいます。

「今告白しても振られそう」
「もう少し男を磨いてからの方がいいかな、、、」

確かに、告白するまでにアプローチしたり自分を磨いたりすることは大切です。

しかし「ここまでやれば良い返事がもらえる」という正解はありません。

ある程度準備ができたら、あとは思い切って告白するだけです。

自分に自信が持ちきれずに告白しないでいると、時間がどんどん経ってしまいます。

告白はタイミングが大切ですので、ふと気が向いたときに思い切って実行していみるのが良いタイミングといえます。

それで良い返事がもらえなかったとしても、ひとつのアクションを起こしたことは大きな経験となり、成長の一歩になりますよ。

 

片想い男子あるある13・付き合ったあとを想像してドキドキする

片想い男子のあるあるとして「付き合ったあとを想像してドキドキする」というのがあります。

片想い男子は妄想しがちですので「付き合った後はどんなに幸せだろう!」と考えてしまいます。

両想いになれて付き合うことになれば、お互いがお互いを特別な存在として意識することになります。

片想い男子が、付き合ったあとは「彼女も同じ気持ちなんだ!」と考えるだけでドキドキしますよね。

そんな素敵な関係になるためには、彼女のことを一番に想って色々とサポートしてあげたり、プレゼントで喜ばせたりしてあげて欲しいです。

片想いから両想いなるには、相手との距離感を徐々に縮めていくことが大切。

それには、普段からコミュニケーションをとって、相手女性が好きなものや悩み事などを理解してあげましょう。

 

片想い男子あるある14・女心が分からず女友達に相談してしまう

片想い男子のあるあるとして「女心が分からず女友達に相談してしまう」というのがあります。

女性の心理を知るには女性に聞くのが良いのは一理ありますが、女友達に相談しているとそのうち好きな女性から「友達の◯◯と付き合ってるの?」という勘違いをさせてしまうこともあります。

また、その女友達があなたを好きである場合もあり、そのときにはアドバイスは有効ではないかもしれません。

やはり、好きな女性との関係をつくっていく上では、できるだけ直接コミュニケーションをとって、理解を深めて関係を深めていくのが良いです。

どうしても相手女性との距離が詰められない場合に、女性の一般的な意見、アイディアの参考として女友達に相談してみるのは良いと思います。

 

片想い男子あるある15・勉強や仕事へのモチベーションがアップする

片想い男子のあるあるとして「勉強や仕事へのモチベーションがアップする」というのがあります。

好きな女性がいるとそれだけで活力になります。

学校で同じクラスであったり、クラスが違っても部活が一緒だったりすると、彼女の見ている前では良いところを見せようとモチベーションが上がります。

仕事でも会社の同僚や取引先に好きな女性がいれば、仕事への意欲も増します。

これは、ある意味片想いであることが優位に働くときですが、マイナスになるときもあります。

それはアプローチをし始めて、上手くいかないときです。

同じ空間にいることが多い、学校や会社でアプローチしても上手くいかないときには、自信が無くなってしまい、モチベーションも下がってしまいます。

学校や会社でのモチベーションを上げる方法として「好きな女性を見つける」というのは有効ですよ。

 

関連記事:【片想い女子あるある】好きな人に胸キュンしてしまう恋愛女子!

 

片想いってつらい・・・。片想い男子の辛かったエピソードあるある

片想い 男 あるある

辛いエピソード1・好きな男の相談をされる・・・

片想い男子の辛かったエピソードとして「好きな男の相談をされる」というのがあります。

片想い男子としては、好きな女性に寄り添って話しを聞いたりしている内に、好きな男の相談をされたりします。

男子としてはすごく辛いですが、そこを乗り越えて丁寧にサポートしてあげることが大切です。

「好きな女性のために全力を尽くす」というのは片想い男子にしかできません。

そこで、女性が好きな男と上手くいけば、心から喜びましょう。

そうしている内に、好きだった女性から友達を紹介されたりして良い女性と巡り合うきっかけになるかもしれません。

また、意中の女性の恋が上手くいかなかったときには、また話しを聞いてあげましょう。

そうこうしているうちに、あなたがその女性にとって支えになっていた、ということに気付いて、あなたの方に意識が向くかもしれませんよ。

 

辛いエピソード2・必死のアピールに気付いてもらえない・・・

片想い男子の辛かったエピソードとして「必死のアピールに気付いてもらえない」というのがあります。

本人としては、必死にアピールしているけど気付いてもらえないときがあります。

その場合は、アピールの仕方を工夫するしかありません。

女性それぞれ、心に響くアプローチの方法が異なりますので、色々試してみましょう。

女性にあなたのことを意識してもらうには、自分からどんどんアプローチしなくてはいけません。

会話の中で彼女の趣味趣向を理解して、彼女が喜びそうなアピールを重ねていきましょう。

音楽やスポーツ、映画など共通する趣味があれば誘いやすいですね。

共通する趣味があれば「一緒にコンサートに行こう」「スポーツ観戦に行こう」など、相手女性が良い返事をしやすいアプローチができますよ。

 

辛いエピソード3・好きな女性に距離を置かれてしまう・・・

片想い男子の辛かったエピソードとして「好きな女性に距離を置かれてしまう」というのがあります。

「しつこく連絡し過ぎたかも」
「気に障ることを言ってしまったかも」

こうなってしまうと、こちらから誘うのは一旦やめた方がいいです。

基本、相手女性から連絡をくれるまで待ちましょう。

学校や職場が一緒なら、すれ違うときもありますので、そのときにさりげなく声をかけられる話しのネタは用意しておきましょう。

一度連絡するのをやめると、次の連絡がしにくくなります。

その後偶然会ったり、すれ違ったりするのは、タイミングが来たというサインですので、しつこくしない程度に軽い会話から始めていけば、相手女性も警戒せずに、会話することができます。

その後、普通に連絡を取り合うことができるかもしれませんよ。

 

辛いエピソード4・実は彼氏持ちだったと知ってしまう・・・

片想い男子の辛かったエピソードとして「実は彼氏持ちだったと知ってしまう」というのがあります。

片想い男子としては、好きな女性が彼氏持ちだったと知ってしまうのはショックですが、それで気持ちを切り替えることができる場合もあります。

片想いを長く続けるのは、自己肯定感下げることになりますし、なにより新しい出会いのチャンスを逃してしまうことになります。

片想いの相手にはどんどんアプローチをして、ダメならそこでキッパリとあきらめて次に切り替えるというのは大切なことです。

なぜなら、あなたからのアプローチを待っている女性もいるはずだからです。

アプローチを繰り返していくことで、相手女性の気持ちや寄り添いかたも理解を深めることができます。

そうやって成長していけば、昔好きだった女性が振り向いてくれることもありますよ。

 

辛いエピソード5・LINEの既読スルーに落ち込む

 

片想い男子の辛かったエピソードとして「LINEの既読スルーに落ち込む」というのがあります。

普段ならLINEの既読スルーは気にならない人もいますが、好きな女性から既読スルーされるのは落ち込むこともありますよね。

「既読なのに返事をくれない」
「メッセージを送るのは面倒なのかな、、、」

既読スルーはどうしてもネガティブに考えがちです。

しかし、相手女性が忙しい場合もあるし、既読がついたということは読んでくれたということですので、落ち込まないようにしましょう。

既読スルーが不安だからといって、そのあとに続けてメッセージを送るのは逆効果です。

何か伝えることがあればそのタイミングでメッセージを送るようにしましょう。

間違っても「メッセージ読んでくれたよね?」「返事くれないの?」と既読スルーに対して責めるようなことは言わないようにしましょう。

 

辛いエピソード6・LINEのリアクションが薄くて落ち込む

片想い男子の辛かったエピソードとして「LINEのリアクションが薄くて落ち込む」というのがあります。

LINEはもともと短いメッセージやスタンプで気軽にやりとりができるツールです。

長文を送ったりすると、返信も長文にしなければとプレッシャーに感じる人もいます。

なので、自分が長文を送ったからと言って、同じように長文が戻ってくるとは期待しないようにしましょう。

もしどうしても長文を送りたかったら、ある程度文章を分けてメッセージするといいです。

LINEはメッセージがいつでも気軽に送れることは便利ですが、相手に対して「早く返事が来ないかな」と期待はしないようにしましょう。

相手にも都合があるということを理解して、返事は相手のタイミングで送ってくれれば良し!という意識が必要ですよ。

 

辛いエピソード7・彼女の何気ない一言に落ち込む

片想い男子の辛かったエピソードとして「彼女の何気ない一言に落ち込む」というのがあります。

片想い男子は好きな女性の一挙手一投足に左右されてしまいます。

彼女が喜んでくれれば嬉しいし、彼女がかの心でいれば同じ気持ちになります。

普段同じ言葉を友達から言われてもなんともない一言が、好きな女性から言われて落ち込んでしまうことがあります。

しかし、彼女からの一言で落ち込むということは、自分に自信がないことがひとつの要因です。

男性は女性を守れるように、体と知識を鍛えておくものです。

彼女を守るために自分を磨いていれば、彼女から何気ないひとことに落ち込むことも無くなるはずです。

またはコミュニケーション不足という点も考えられます。

彼女としては、あなたを傷つけようと想って言っている訳ではないに、あなたがそのように受け取ってしまっているだけかもしれません。

 

片想いが辛いときの対処法1・新しい出会いに目を向ける

趣味やサークルに積極的にでかける

片想いが辛いときには、新しい出会いを見つけることが大切です。

新しい趣味を始めたり、習い事を始めたり、遊びやボランティアのサークルに入ったりすれば、同じ趣味趣向を持つ人々と出会うことができます。

活動を通しての出会いは、仲間意識が高いので、仲良くなるのも早いです。

活動の頻度が高ければ、新しく出会った異性との距離も近づいてくるのも早いでしょう。

ある程度信頼関係を築けたら、二人で出かけるアプローチをしてみましょう。

デートらしいことではなくても、サークル活動の一環として二人で出かけるのも良いですね。

あとは、コミュニケーションを取りながら相手女性の好きなことや性格を理解して、喜ばせてあげたりサポートしてあげたりしましょう。

そうやって信頼関係を築いていくのです!

 

マッチングアプリで気になる女性を見つける

最近では気軽に使えるマッチングアプリが増えています。

以前は出会い系サイトがありましたが、アプリを利用したマッチングのシステムは本気の出会いを求めている人向けに考えられています。

会員登録は基本無料で、男性の場合は初回の無料ポイントである程度メッセージを送ったりすることも可能です。

女性は完全無料のところが多く、会員数も伸ばしています。

アプリは複数あってどのアプリが向いているかは試してみないとわかりませんが、登録は無料なのでいくつか登録してみるといいですね。

男性の料金について大きく分けると、月額制(月3,000円程度)のものと都度課金するタイプ(例:メッセージ1回50円)があります。

趣味を始めたり、サークルに参加するのには抵抗がある人は、出会いが目的になっているマッチングアプリや出会い系サイトの利用がおすすめですよ!

 

関連ページ:【ペアーズの口コミ】出会いマッチングアプリ「pairs」の評判は?

関連ページ:【ワクワクメールの口コミ】マッチングアプリ出会い系の出会いサイトはワクメで!

関連ページ:【イククルの評判】マッチングアプリweb版の口コミと評価は?

 

内面や外見を磨く

片想いが辛いときは、自分を磨くことがおすすめです。

片想いは自分の気持ちが伝わらなくて自己肯定感が下がってしまいます。

自己肯定感を上げるためには、体を鍛えたり、勉強をして内面を磨いたりするのが良い方法です。

特に男性の場合、筋トレは効果を感じやすく、自信にも繋がりやすいです。

筋トレは体を動かすだけでなく、食事も大切なポイントなので、勉強にもなります。

勉強をして知識が増えてくると自信に繋がります。

そうして、自己肯定感が上がったときには、相手の女性もあなたに対する印象が変わってくる場合もあります。

従って、片想いで前に進めないときには、恋については一旦考えるのをやめて、体と精神を磨いて、一回り大きくなって、彼女へのアプローチをしていきましょう。

 

関連ページ:【片想いが辛い男性】好きすぎて苦しい・やばいときの対処法とその理由

関連ページ:【片想いが辛い】苦しいときの対処法!好きな人にはどうすればいい?

 

片想い男子あるある・片想いの辛いエピソードまとめ

片想い男子あるある、片想いの辛いエピソードについて調べてきましたが、片想いができるということは一途な男性であるといえます。

しかし、恋愛はタイミングが大切なので、片想いで過ごしてしまうのは他の女性と出会うチャンスを逃してしまうことになります。

片想いの辛さを知るということは、相手の痛みを知ることにもなります。

そうして、辛い気持ちを何度も感じることで、相手の女性の気持ちに寄り添えたり、優しくなれたりするのです。

そうして、内面的に磨かれたのであれば、新しい出会いで両想いになれるチャンスがたくさんあります。

むしろ、あなたからの告白を待っている女性がいるはずです。

どこかで待っている女性のために、積極的に出会いをもとめて活動していきましょう。

 

 

関連ページ:【PCMAXの体験談】出会える?マッチングアプリの出会い体験!

関連ページ:【ハッピーメールの口コミ】マッチングアプリのログインでハピメのログイン画面は?

関連記事:【片思いを諦める方法】恋愛で好きな人を諦めるタイミングとは?