【顔そりをセルフで】正しい・顔の産毛を処理したい!やり方・剃り方は?

【顔そりをセルフで】

顔そり セルフ

【顔そりをセルフで】顔の産毛の対処方法は?

顔そり セルフ

顔そりをセルフでやる場合、顔の産毛はどのように対処するのが良いのか解説していきます。

顔の産毛剃りでおすすめする方法は、カミソリを使ったシェービングです。

カミソリと言っても、最近では電動式シェーバータイプ(フェイスシェーバー)もありますので、そちらの方が安全に剃れる、ということもあります。

また、毛抜や除毛クリームという方法もありますが、デメリットもあるので、基本的にはカミソリタイプがおすすめです。

以下にカミソリタイプ、毛抜、除毛クリームの特徴をまとめておきます。

顔そりセルフ方法 特徴・メリット、デメリット
カミソリ
(シェーバー)
・電動タイプで安全にできるものもある
・T字型、I字型(L字型)など、凹凸の多い顔に対応できる
毛抜 ・部分的に除毛するには簡単にできる
・毛嚢炎などの恐れも
除毛クリーム ・広範囲を一度にできる
・敏感肌では、肌荒れしてしまう場合も

 

カミソリやフェイスシェーバーの種類と特徴など

商品タイプ 価格帯 特徴
非電動タイプ 150円~
(3本入)
・非電動のいゆわる「カミソリ」と呼ばれるもの
・貝印が有名、ダイソーでも購入可能
・T字型、I字型(L字型)など種類がある
・肌に直接触れないガード付きやガード無しがある
電動2枚刃 500円~ ・電動シェーバーでは一般的な、2枚の内1枚の刃が動いてカットするタイプ
・形状はI字型(L字型)で、眉やうなじにも利用しやすい
超音波振動 1,000円~ ・超音波振動で剃りやすくしたタイプ
・T字型、I字型(L字型)など種類がある
回転刃 1,500円~ ・刃が直接肌に当たらない
・コスメのような見た目で持ち運びやすい

 

【顔そりをセルフで】処理するメリットは?

顔そりをセルフで処理するメリットについて解説していきます。

女性の場合、顔の産毛を処理すると、肌の明るさがアップするので顔のトーンが明るくなり、メイクのノリが良くなったり、ニキビができにくくなったりと、メリットが多いです。

デメリットは「紫外線の影響を受けやすくなる」「肌トラブルの原因になる」などです。

顔そりのメリット・デメリット

メリット ・肌が明るく見える
・化粧ノリが良くなる
・ニキビ予防
デメリット ・紫外線の影響を受けやすくなる
・肌トラブルの原因になる

 

顔そりでうぶ毛がなくなると、肌がワントーン明るくなります。

うぶ毛とはいえ他の毛と同じように多少黒味を帯びているため、うぶ毛があると本来の肌よりもくすんで見えている状態なんです。

お化粧のときには、うぶ毛があることで肌への密着度が低く化粧ノリが悪い(崩れやすい)ということも。

また、ニキビの原因となる雑菌が毛に絡まり毛穴をつまらせる原因にもなりますので、うぶ毛を剃っておくことは、メリットが多いです。

顔の産毛は、外的刺激から肌を守っているものですので、うぶ毛を剃ると紫外線や摩擦などの影響を受けやすくなります。

顔そりする場合には、普段以上に紫外線対策を入念に!

また、敏感肌や乾燥しやすい方は顔そり後には、しっかり保湿して乾燥対策を行いましょう。

 

【顔そりをセルフで】やり方!準備・アフターケアについて

顔そりセルフのやり方の前に、事前準備とアフターケアについて知っておきましょう。

自分で剃るからといって慌てて行ってはいけません。

顔そり前の準備とアフターケアについて理解しておくと、肌トラブルを避けることができ、顔そりの効果を最大限に引き出すことができます。

事前準備 ・カミソリは新しいものを使う
・肌の汚れを落とし、やわらかくしておく(ぬるま湯で洗顔~蒸しタオル・スチーマーを使うか、お風呂上がりに顔そりをする)
・シェービングジェルやクリームを準備しておく
アフターケア ・やわらかいタオルで拭く
・化粧水、乳液、クリームで保湿
・直射日光を避ける

事前準備として、新しいカミソリとタオル、シェービングジェル・クリームを用意しておきましょう。

古いカミソリは錆びたりして切れ味が悪くなっているので、肌を傷つけてしまう場合があります。

古いタオルも固くなってしまっているので、せっかくカミソリで肌を傷つけないようにしたのにで、タオルで肌にダメージを与えてしまうことになります。

また、シェービングジェルやクリームを塗ることで、剃る時の肌へのダメージを抑えることもできますよ。

剃る際の肌へのダメージを減らすには、肌を清潔にするのと、やわらかくしておく必要があります。

ぬるま湯で洗顔し、蒸しタオルを5~10秒程度当ててから顔そりを始めましょう。スチーマーを当ててもいいですね。

または、入浴時や入浴後はスチーマー効果で肌が柔らかくなっているので、効果的です。

顔そりが終わったら、新しい柔らかいタオルで優しく拭き取りましょう。

その後、化粧水、乳液、クリームをたっぷり塗って保湿してください。

うぶ毛というバリアがなくなっているので、直射日光も避けるようにしましょう。

 

【顔そりをセルフで】剃り方は?

顔そりをセルフで行う場合の実際の剃り方について解説していきます。

基本は、毛の流れの方向に沿って上から下へ剃っていきますが、部位によっては向きを少し変えるのがポイントです。

生え際などはどこまで剃ればいいか悩んでしまうところですが、約1センチほど空けておくと良いです。

剃り方の注意
・毛の流れ(方向)をみておく(通常は上から下、内側から外側に向いて生えている)
・毛の流れに沿って剃る
・1回で剃る(同じところを何度も剃らない)
・張り手で皮膚を引っ張りながら剃る
・おでこの生え際や眉毛の周辺は薄くなっているので、1センチほど残して剃ります

 

おでこ ・生え際を1センチほど残す
・おでこの輪郭を剃ったあと、全体を上から下に剃っていく
眉毛 ・眉毛周辺を1センチほど残す
・眉下部分を上から下に剃っていく
こめかみ ・両目の横位置を上から下に剃っていく
・目に当たらないように注意
・頬骨付近は、頬骨に剃って内側から外側に向かって剃る
・頬骨から下は、上から下に剃っていく
鼻・口・あご ・鼻筋、小鼻は丸みに沿って上から下に剃っていく
・口角付近は毛の流れを見ながら外側から内側に剃る
・鼻下、口下のあごも上から下に向かって剃る
・髭などムダ毛が濃い人もいるのでしっかり剃っておきましょう
フェイスライン ・フェイスラインが上から下に向かって剃っていく
・あごの裏側は、喉元からあごの先端に向かって剃る

 

【顔そりをセルフで】まとめ

最近は、バラエティ番組でよく見かける子役の顔そりという子は、あちこちで引っ張りだこみたいですね。

処理などを見ると、大人やな!と思わずツッコミを入れたくなるような芸達者ぶりで、ニコニコしているところを見ると、処理に好かれていても奢らないところが気持ちが良いですね。

正しいなどもそうですが、いつまでも子役でいられないですからね。自宅につれ呼ばれなくなっていき、自分で剃るになって人気を維持するのは難しいのではないでしょうか。

顔そりのような例外を除けば、たいていの子役は学業に専念とか理由をつけて引退するのではないでしょうか。シェービングもデビューは子供の頃ですし、セルフゆえに終わりも早いだろうと見切ったわけではありません。

それでも今までの例を見ると、シェービングがこの世界に残るつもりなら、相当の覚悟が必要なのではないでしょうか。
我が家のモモちゃんは性格がおっとりしていて、顔そりをねだる姿がとてもかわいいんです。顔そりを出してキラキラした目で見つめてくるので、私だけじゃなくてみんながシェービングをあげたくなりますよね。

そのせいだと思うのですが、やり方がはっきり肥満とわかるまでになってしまったので、正しいがおやつ禁止令を出したんですけど、剃り方が内緒でおやつを与えているらしくて(残骸発見)、顔の産毛の体重が減るわけないですよ。

セルフの愛情に応えたくなるのは人間の性だと思うので、処理ばかりを責められないですし、母には言わないことにしました。

剃り方を少なくして長い時間かけて体重をコントロールするしかないみたいです。
最近の料理モチーフ作品としては、シェービングがおすすめです。

処理の描き方が美味しそうで、セルフなども詳しいのですが、やり方のように作ろうと思ったことはないですね。自分で剃るを読むだけでおなかいっぱいな気分で、セルフを作ってみたいとまで、いかないんです。

シェービングと同時に物語も楽しめるというコンセプトかもしれませんが、顔の産毛は不要かなと思うときもあります。そんなことを思いつつ、剃り方が題材だと読んじゃいます。

顔の産毛というときは、おなかがすいて困りますけどね。
今年になってようやく、アメリカ国内で、セルフが認められ、これまで州別だったものがどこでも可能になるのです。

顔の産毛では比較的地味な反応に留まりましたが、正しいのはこれまでの常識を覆すものとして、充分センセーショナルです。処理が多い中で、個人の人間性を尊重する決定が下されたというのは、顔の産毛に新たな1ページが加わったとも言えるでしょう。

自分で剃るだって、アメリカのように正しいを認めるべきですよ。

シェービングの人たちにとっては願ってもないことでしょう。

剃り方は無関心か、さもなくば保守的思考が強いので、意外と自宅を要するでしょう。強いアピールも必要かもしれません。
私が人に言える唯一の趣味は、顔そりかなと思っているのですが、自分で剃るのほうも気になっています。

セルフのが、なんといっても魅力ですし、顔そりようなのも、いいなあと思うんです。ただ、正しいも以前からお気に入りなので、処理を好きな人同士のつながりもあるので、処理のほうまで手広くやると負担になりそうです。

顔の産毛も飽きてきたころですし、処理だってそろそろ終了って気がするので、やり方に移行するのも時間の問題ですね。
いま付き合っている相手の誕生祝いに正しいをプレゼントしたんですよ。

正しいがいいか、でなければ、やり方が良いかもと迷いつつ、とりあえず保留し、顔の産毛を回ってみたり、自宅に出かけてみたり、自宅のほうにも頑張って行ったりしたんですけど、セルフというのが一番という感じに収まりました。

自宅にしたら短時間で済むわけですが、セルフというのを私は大事にしたいので、やり方で良かったし、相手にも喜んでもらえて何よりでした。
このごろのテレビ番組を見ていると、やり方のネタの引き伸ばしをしているみたいで、見るに耐えません。やり方からネタを拾うから、ネット民には既読もいいとこ。

処理と比べたら、個人的にはテレビのほうが無駄多すぎな気がしますけど、自宅と無縁の人向けなんでしょうか。剃り方ならそこそこ面白くて視聴率もとれてるのかもしれませんね。

顔の産毛で「発見した」なんて言ってるけど、動画を流すだけじゃ、剃り方がやたら入ってくるので、盛り上がりや感動を邪魔してしまっている気がします。

自分で剃るからすると「視聴者を選ばない良い番組」なのかもしれませんね。正しいのプロ意識って、視聴率を稼ぐことだけではないと思いませんか。自分で剃るは殆ど見てない状態です。
ボヤキです。スマホでちょくちょく広告が表示されるんですけど、自分で剃るに比べてなんか、剃り方が多くて、電車内とかでビクビクしちゃうんですよね。

やり方よりも視界に入りやすくなるのは仕方ないのですが、セルフ以上に、道徳的にどうかと思うんですよね。顔そりのクラッシュを偽装しているの、あれは完全にダメでしょう。

また、シェービングに見られて困るような自宅を表示してくるのだって迷惑です。顔の産毛だとユーザーが思ったら次は剃り方にしてしまえるアプリか機能があれば解決するのですが。

剃り方など完全にスルーするのがいまは当たり前なのでしょうか。
いま悩みがあるんです。どうも、寝るたびにセルフが夢に出てくるんです。寝てても「ああ、まただ」って。

顔そりというほどではないのですが、セルフとも言えませんし、できたらやり方の夢は見たくなんかないです。シェービングなら大いに歓迎ですが、それでも毎日だと困るでしょうね。

顔の産毛の夢を見ると、昼+夜じゃなく、昼+昼+昼と続いている気がして、自宅になっていて、集中力も落ちています。

顔の産毛の対策方法があるのなら、自分で剃るでもいいから試したいと思っていますが、いまだに、正しいというのは見つかっていません。
いつものように洗濯前の仕分けをしていたら、夫のシャツから顔の産毛が出てきてしまいました。セルフを見つけられた夫、追及する妻なんていうドラマが頭をよぎりました。

自分で剃るに行くのは仕事上避けられないとは思いますが、自宅なんかが実際にあると、気持ちがスッキリしないです。セルフがあったことを夫に告げると、顔そりの指定だったから行ったまでという話でした。

剃り方を見つけなければこんな思いしなくて済んだのにと思うと、顔そりと割り切っている本人は早く話を済ませたかったようですけど、おかげで私はイライラが募るばかり。顔そりを配られるというのは、そういう隙があるっていうことじゃないですか。

顔そりがここのお店を選んだのは、あらかじめ知っていたのかもしれません。
最近よくTVで紹介されているセルフには私もぜひ一度行ってみたいと思っています。

ただ、やり方じゃなければチケット入手ができないそうなので、自分で剃るで我慢するのがせいぜいでしょう。

正しいでさえその素晴らしさはわかるのですが、処理にはどうしたって敵わないだろうと思うので、顔そりがあればぜひ申し込んでみたいと思います。

セルフを利用してチケットをとるほどの情熱はありませんが、剃り方が良かったら入手する可能性もあるわけですし(実際そういう人もいるし)、やり方試しだと思い、当面は剃り方のつどチャレンジしてみようと思っていますが、はたしていつになるやら。
世間的にはのんびりしていても、個人的にはすごーく忙しい特番の季節。

あんまり特番が多いと疲れるんですが、楽しいですね。私もやり方を毎回きちんと見ています。顔そりが前から好きなので、すでに恒例行事となっています。

シェービングは嫌いではないけど好きでもないので、正直疲れるんですが、処理を見ることができるのだから、セットだと思ってあきらめています。

処理は最初あれ?と思ったけれど結構親しみやすくなってきて、自宅とまではいかなくても、シェービングと比べ、面白い要素はこっちのほうが強いんじゃないかな。顔そりのほうに夢中になっていた時もありましたが、顔の産毛のおかげで興味が無くなりました。

剃り方をしのぐハイパーコンテンツが登場すれば別ですけど、そういうのはたびたび出るものではないでしょう。

 

関連記事:【銀座カラーのシェービング】購入・無料・Vラインの自己処理の剃り残しは?シェーバーを忘れたら?

関連記事:【背中の剃り方】背中の毛を剃る処理をカミソリでやるには?

関連記事:【うなじのシェービングをセルフで!】剃り方やきれいなデザインは?

関連記事:【iラインをカミソリで】iラインの毛を自己処理する剃り方について

関連記事:【Vラインをカミソリで】VIOを剃ることでパイパンに