銀座カラーは生理でもVIO部位以外は脱毛可能!妊娠中は?

銀座カラー 生理

銀座カラーは生理中でもVIOとお尻の部位を除いて脱毛施術は可能です。

施術当日に生理になってしまったときは、キャンセルしなければいけないと思っていましたが、脱毛は受けられるので安心です。

しかし、生理中は普段より痛みを強く感じたり、脱毛後に赤みが出たりする場合があり、生理中の脱毛はおすすめされてはいないようです。

銀座カラーでは当日でも予約時間の1時間前まではキャンセルすることができるので、当日に生理になってしまってもキャンセルできるのが嬉しいですね。

キャンセルは会員サイトで24時間受け付けているので、生理に気づいたときにすぐに予約変更・キャンセルをすれば問題ありません。

生理中にどうしても脱毛施術を受けたい場合には、事前に銀座カラーへ連絡して注意事項などを確認しておきましょう。

ただし、妊娠中の脱毛施術はできませんので、妊娠がわかった時点ですぐにコールセンターへ連絡しましょう。

 

銀座カラーは生理中でも脱毛できる?vio脱毛はどうなる?

銀座カラー 生理

銀座カラーは生理中でもvio以外の部位の脱毛が可能

銀座カラーでは生理中でもVIOとヒップ以外の部位であれば脱毛施術は可能です。

せっかく予約をとって予定していた脱毛ですので、脱毛は受けておきたいですよね。

VIOとお尻が脱毛できない理由は、経血が脱毛器やベッドシーツに付着してしまうと、感染症の恐れがあるからです。

また、生理中はホルモンバランスが不安定になるので、通常より痛みを強く感じたり、赤みが出たりする場合があり、脱毛効果が低下する可能性もありますので、出来れば予約を変更する方が良いです。

銀座カラーでは、予約当日でも施術開始時間の1時間前までは、会員サイトから予約の変更やキャンセルができるようになっていますので、予約時間まで余裕がある人は会員サイトを利用しましょう。

 

生理の終わりかけでもVIO脱毛はNG

銀座カラーでは、生理が終わりかけであってもVIOとお尻の部位の脱毛はNGになっています。

「生理はもうすぐ終わりそうだし、そのまま受けてもいいかな?」

生理中とその前後1週間はホルモンバランスが安定していないので、脱毛効果も低くなっているので、いつもより脱毛効果が感じにくい可能性があります。

また生理が終わりかけであっても経血がベッドや脱毛器についてしまう可能性もあるので、感染症の観点からも避けた方が良いでしょう。

銀座カラーでは、会員サイトを利用すれば24時間予約の変更やキャンセルが可能なので、生理が終わりかけで判断つかない場合は、施術の1時間前までに会員サイトで予約の変更やキャンセルをおこないましょう。

 

生理中の脱毛の注意点1・ホルモンバランスの乱れにより肌トラブルがおきやすくなる

生理中の脱毛の注意点として「ホルモンバランスの乱れによる肌にトラブルが起きやすくなる」というのがあります。

生理中は、ホルモンバランスが不安定になるため、肌の調子がいつもと違ったり、乾燥しやすくなったりします。

肌が乾燥していると、脱毛時の痛みが強くなったり、普段では出ない赤みが出たりなど炎症などのような肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。

赤みが出るということは、いつもより多く肌がダメージを受けていることになりますので、悪い場合には火傷に近い状態までなってしまう、ということも考えられます。

このような肌トラブルを避ける意味でも、生理中の脱毛はできれば避けるようにしましょう。

銀座カラーなら予約時間の1時間前まで予約キャンセルできるので急な生理でも安心ですね。

 

生理中の脱毛の注意点2・肌が敏感になり痛みを感じやすくなる

生理中の脱毛の注意点として「肌が敏感になり痛みを感じやすくなる」というのがあります。

生理中の体はホルモンバランスが安定しておらず、肌のバリア機能が低下している状態です。

バリア機能の低下は、外的刺激を受けやすくなるため紫外線の影響を強く受けたり、服との摩擦でかゆみやかぶれが出たりしてしまう状態です。

脱毛についても普段から痛みを感じる人はより強く痛みを感じるようになり、最後まで受けることができなくなる場合も考えられます。

また、痛みが強いと言う事は肌のダメージも大きくなっていますので、赤みが炎症のようになってしまうことも。

痛みが苦手な人や肌がもともと敏感な人は、生理中の脱毛施術は避けたほうが良いですよ。

 

生理中の脱毛の注意点3・経血により不衛生になるためVIO脱毛はNG

生理中の脱毛の注意点として「経血により不衛生になるためVIOとヒップの脱毛はNG」というのがあります。

生理中に脱毛の施術を受けると経血が脱毛器やベッドのシーツに付着して感染症のリスクが高まりますので、銀座カラーでは、生理中の脱毛はVIOやヒップを避けて施術する、ということにしています。

脱毛自体は受けることができますので、当日生理になっても慌てずに銀座カラーのフリーダイヤルへ電話して、脱毛を受ける際の注意点などを確認しましょう。

生理中はホルモンバランスが不安定になるため、脱毛効果が落ちたり、肌トラブルを起こしやすくなるなどの注意があるので、予約変更が可能であればコールセンターへ電話した際にお願いしましょう。

予約日の前日19時までは電話で予約変更が可能ですが、当日になってしまった場合は銀座カラーの公式サイトから会員サイトへログインすることで、予約の変更・キャンセルが予約時間の1時間前までOKになりますので、利用しましょう。

 

 

銀座カラーの予約当日に生理がきたらどうする?

銀座カラー 生理

銀座カラーのキャンセル可能期間/WEBなら予約の1時間前までにキャンセル可能

銀座カラーのキャンセル可能期間は、会員サイト(WEB)では、予約の1時間前までキャンセルOKになっています。

会員サイトは24時間受付ていますので、当日にキャンセルする場合に利用しやすいです。

パソコンやスマートフォンからアクセスできますので、インターネット環境が利用できれば銀座カラーのWEBサイトから脱毛施術のキャンセルをしましょう。

なお、電話で予約の変更やキャンセルをすることもできますが、予約前日の19時までになってしまうので、会員サイトから手続きした方が予約時間のギリギリまでキャンセルすることができます。

予約日当日になって、生理などでどうしても予約の変更やキャンセル手続きをしたい場合には、公式サイトへログインして変更・キャンセル手続きをするようにしましょう。

 

銀座カラーはキャンセル手数料などのペナルティはない

銀座カラーでは、キャンセル時に追加料金などの手数料が発生するペナルティはありません。

予約キャンセルは電話や会員サイト(ネット)からできるようになっていますので、急な用事や生理で施術を受けられない場合はキャンセル手続きしておきましょう。

キャンセル方法で便利なのは会員サイトです。

会員サイトなら24時間受けているのと、キャンセル可能期限が予約時間の1時間前までになっているからです。

電話で予約の変更をすると、予約前日の19時までになってしまいますので、当日キャンセルしたい場合には会員サイトからのみキャンセル期限内に手続きすることが可能です。

キャンセル期限を過ぎてもキャンセル料など余分なお金はかかりませんが、施術1回分消化したとみなされてしまうので、キャンセル期限内に手続きしておくことをおすすめします。

 

 

無断キャンセルは施術1回分が消化される

銀座カラーで無断キャンセルすると、施術1回分を消化したとされて、契約したプランの回数が1回減ってしまいます。

銀座カラーでは、キャンセル時のキャンセル料のような追加料金はありませんが、施術1回分が使えなくなってしまい、金額的に数万円分を失うことになるので、損失が大きいです。

銀座カラーでは、予約キャンセルをWEBの会員サイトで受け付けており、予約開始の1時間前までキャンセルが可能ですので、当日急な用事でいけなくなってもWEBから予約キャンセルをしておくようにしましょう。

当日うっかり予約を忘れていて、予約時間までに店舗に到着できない場合でも、無断キャンセルせずにパソコンやスマホで会員サイトにアクセスして予約のキャンセルをしておくのが良いですよ。

 

当日キャンセルしても次回予約を取ることはできる

銀座カラーでは、当日キャンセルしても次回予約を取ることは可能です。

予約はすぐに埋まってしまうので、当日キャンセル後は次回予約をすぐに取るようにしましょう。

当日、止む終えない理由でキャンセルしなくてはならなくなっても、予約開始の1時間前までは会員サイトからキャンセル手続きが可能です。

予約開始1時間前を過ぎてしまうと、キャンセル料などの追加料金はありませんが、施術を一回消化したとされて、未消化回数が減り、施術が受けられなくなります。

当日にどうしても行けなくなってしまった場合は、会員サイトからキャンセル手続きをするのがお勧めです。

当日キャンセル後に次回予約が取れるようになりますので、当日でもキャンセルの申請をしておくことは大切です。

 

 

関連記事:【銀座カラーの予約】予約できない?予約変更やキャンセル方法はこれ!

 

 

銀座カラーで生理中に施術を受けるときの注意点

銀座カラー 生理

銀座カラーで施術を受けられない条件1・体調がすぐれないとき

銀座カラーで施術を受けられない条件の一つは「体調がすぐれない時」です。

脱毛施術は、光を照射することで毛根に熱を加えてアプローチする方法なので、毛根周辺の肌にも影響を与えることになります。

体に熱を受けると、受けた熱を下げようと体の免疫反応が活発になり、体を動かしていなくても体内ではエネルギーが消費されていきます。

体調がすぐれない時は抵抗力が低下しているので、このような体の免疫反応がうまく働かずに光の照射による熱で、肌に赤みやかゆみ、ひどくなるとかぶれや炎症を起こしてしまうこともあります。

また、光の照射を受けることで体調が悪化してしまう恐れもあります。

脱毛は日焼けに近いと言われますが、体調不良で抵抗力が下がった状態だと肌に異常が出る場合があるので注意しましょう。

 

銀座カラーで施術を受けられない条件2・お薬、漢方を服用している

銀座カラーで施術を受けられない条件の一つは「薬や漢方を服用している時」です。

薬や漢方を服用していると、副作用で光過敏症になっている場合があり、脱毛のライトを当てた部分に皮膚炎を起こすことがあります。

元々光過敏の方は認識しているので、ライトを使った脱毛を受けることはないですが、薬の副作用で一時的に光過敏症になっている状態は自身では実感しにくく、見逃しがちなので、万が一のことがあると危険です。

どの薬が光過敏を起こすのかというのは処方された際に確認するとわかりますが、光過敏症にならない薬なら飲んで脱毛を受けても問題ないのかというと、そうではありません。

薬は効果がある分、その裏返して副作用があり、光脱毛を考慮して作られているわけではないので、脱毛のライトを当てることでどのような副作用が出るかを確認できないため、飲まない方が安全なのです。

 

 

銀座カラーで施術を受けられない条件3・生理中のVライン(上部・サイド・Iライン)ヒップ・ヒップ奥

銀座カラーで施術を受けられない条件の一つは「生理中のVライン(上部・サイド・Iライン)ヒップ、ヒップ奥」です。

生理中のVIOやお尻の脱毛ができない理由は、生理中の経血が脱毛器やベッドシーツなどに付着して感染症の恐れがあるからです。

また、生理中はホルモンバランスが不安定になることでお肌の状態も変化し、乾燥しやすくなったり、痛みに敏感になったりしますので、脱毛自体をすることはおすすめされていません。

また、生理中とその前後1週間は脱毛効果が低下すると言われていますので、予約した日に生理になってしまった場合はできる限り予約変更やキャンセルをしましょう。

ただし、VIOやお尻以外は施術可能にはなっていますので、脱毛を受けることは可能です。

 

 

銀座カラーで施術を受けられない条件4・お肌の状態が悪い

銀座カラーで施術を受けられない条件の一つは「お肌の状態が悪いとき」です。

脱毛前にお肌のチェックがありますので、その際に肌に赤みがあったりした場合はその部位は避けて脱毛することになります。

赤みがある部分は肌が炎症を起こしているので、その部分にライトを照射してしまうと、より肌を痛めてしまうことになります。

また、日焼けしている場合には光脱毛は受けられません。

光脱毛は色素(メラニン)に反応しますので、日焼けをしていると肌表面のメラニンにライトが反応してしまい、赤みが出たり火傷の原因になってしまいます。

他、肌が荒れていたり乾燥していたりすると痛みが強くなる場合がありますので、場合によっては脱毛施術が注意になってしまいますので注意しましょう。

 

生理中に施術を受けるときは「生理中である」ことを必ず伝えましょう

生理中に施術を受ける際には「生理中である」ことをスタッフに伝えておきましょう。

生理中の脱毛はVIOとヒップ以外の施術になりますが、事前にコールセンターへ連絡しておきましょう。

連絡しておくことで、生理中の脱毛施術をスムーズに受けることができます。

生理中は経血が脱毛機器やベットシーツに付かないよう、スタッフさんが気遣ってくれますので、注意点などを良く確認しておく必要があります。

また、生理中は普段に比べて痛みが強くなる可能性もあるので、施術を受けて痛みが強く耐えられない場合には、すぐにスタッフに相談しましょう。

予約当日に生理になってしまった場合、キャンセルすることもできますので、どうしてもその日に受けなければいけない理由が無ければ、会員サイトから予約キャンセルをしましょう。

 

 

生理の終わりかけでも必ず申告をしましょう

「生理がそろそろ終わるし、大丈夫かな?」

生理のときにVIOとお尻が脱毛できないのは「経血が脱毛器やベッドシーツに付着する恐れがあるから」です。

生理が終わりかけでも経血が付着する可能性があると感染症の危険が生じるので、生理の終わりかけでも必ずスタッフへ申告しましょう。

生理中の脱毛は、サロン側も感染症に注意しなければいけないので、生理が終わりかけであっても、伝えておきましょう。

脱毛を受ける前にコールセンターへ連絡しておくと、予約時間に店舗で伝えるよりスタッフが対応しやすくなりますので、生理中の脱毛施術対応がスムーズになります。

生理中と前後1週間は脱毛効果が落ちる場合があるので、その点は理解しておきましょう。

 

 

銀座カラーの生理中の施術や注意点まとめ

銀座カラー 生理

・銀座カラーは生理中でも脱毛できる?vio脱毛はどうなる?

銀座カラーでは生理中でもVIOとヒップ以外の部位であれば脱毛施術は可能です。

⇒「銀座カラーは生理中でも脱毛できる?vio脱毛はどうなる?」詳しくは​​こちら

 

・銀座カラーの予約当日に生理がきたらどうする?

銀座カラーのキャンセル可能期間は、会員サイト(WEB)では、予約の1時間前までキャンセルOKになっています。
予約当日でも施術開始時間の1時間前までは、会員サイトから予約の変更やキャンセルができるようになっていますので、生理による体調不良で受けられない場合は会員サイトを利用しましょう。

 

・銀座カラーで生理中に施術を受けるときの注意点

銀座カラーでは生理中でもVIOとヒップ以外の部位であれば脱毛施術は可能ですが「体調がすぐれないとき」「お薬、漢方を服用している」「お肌の状態が悪い」などの場合には、脱毛施術は受けられません。

 

関連記事:【銀座カラーの口コミ】全身脱毛の効果や料金の評判はどう?