【銀座カラーの痛み】脚脱毛の痛み・体験・全身脱毛やVIOは痛い?口コミではどう?

銀座カラー 痛み

銀座カラーの脱毛の痛みについては、実際に脱毛を受けた人の口コミをみると「痛みを強く感じる人」「痛みを感じない人」など人それぞれのようです。

銀座カラーの脱毛方法はIPL脱毛といって、エステ脱毛では長く利用されてきた脱毛方法。

脱毛の仕組みは、毛の黒い色素(メラニン)に脱毛器から照射された光が吸収されて熱に変わり、その熱が毛根へ伝わることで毛根を変化させるというものです。

IPL脱毛の脱毛原理は基本的には医療レーザー脱毛と同様ですが、医療レーザー脱毛よりも出力が低く、痛みを抑えることができるので、痛みが苦手な人でも全身脱毛やVIO脱毛にチャレンジしやすいといえます。

脱毛初心者や痛みが苦手な人には、効果が高く、痛みを抑えた脱毛ができる銀座カラーがおすすめですよ!

 

銀座カラーの痛みは?脱毛時は痛いの?

銀座カラー 痛み

銀座カラーの脱毛は痛い?

銀座カラーで採用している脱毛方式は、エステサロンの脱毛では歴史の長いIPL脱毛という方法です。

IPL方式は、毛の黒い色素(メラニン)に光が吸収されることで熱に変わり、その熱を毛根に伝えてアプローチする、という方法。

毛根に熱を伝えるのが目的ですが、毛穴周囲にも熱が伝わる熱による痛みがあります。

IPL脱毛は、IPL(インテンス・パルス・ライト / Intense Pulsed Light)のことで、光を照射時間をわずか一瞬の間にすることで、痛みを抑えています。

しかしながら、毛の色が濃くて太い部分は、熱の発生も多いので痛みは強くなります。

例えば、脇やVIOなどは毛が濃くて密集しているので、痛みも強くなります。

 

 

痛みを感じやすい人は?

脱毛時、肌の状態によっては痛みを感じやすい場合があります。

例えば、敏感肌の人や日焼けしている人などは痛みを感じやすい状態の中でもわかりやすい状態ですね。

日焼けは度合いによっては、脱毛自体ができない場合もあります。

これは、銀座カラーの脱毛方式がIPL脱毛だからです。

IPL方式は、毛の黒い色素(メラニン)に吸収されて熱に変わるため、日焼けして肌表面にメラニンがあると、肌表面のメラニンに吸収され、ひどい時には火傷をする可能性もあります。
同様に、黒ずみやほくろなど色素沈着している部位は光が吸収されやすい部位ですので、基本的には避けて脱毛することになります。

また、生理中などはホルモンバランスが不安定なので、普段よりも肌が乾燥しやすくなり、痛みを感じやすい状態になっているといえます。

痛みを感じやすい人 ・敏感肌
・乾燥肌
・日焼け肌
・色黒
・生理中
・黒ずみ(色素沈着がある)

 

痛みの対策方法は?

痛みの対策方法がいくつかありますが、やはり痛みの原因を知っておくのが大切です。

痛みの原因は、主に肌の乾燥によるバリア機能の低下と日焼けなので、それらに備えておけば痛みの対策になります。

肌は、角質層が保水していることで皮膚の細胞同士の隙間を埋めて外的刺激から体を守っています。

肌が乾燥していると、少しの刺激でも痛みを感じやすくなります。

したがって、普段から化粧水や保湿クリームなどで肌を乾燥から守っている必要があります。

脱毛前のシェービングは刃が直接肌に当たらないフェイス用シェーバーで合っても、多少なりとも肌にダメージが残っているので、肌の弱い人はシェービングを脱毛前日ではなく、2〜3日前にしておくと良いです。

また、生理中は肌のコンディションがいつもと異なり、乾燥しやすくなっているので特に保湿ケアが必要になります。

日焼けに関しては、カウンセリング時に注意されるポイントですので、日焼け止めや日傘などで紫外線対策をしておきましょう。

痛みの対策方法 ・肌の保湿を徹底する
・日焼け防止(紫外線対策)
・生理中の施術は避ける

 

 

銀座カラーの痛みに関する口コミはどう?

銀座カラー 痛み

痛いと感じた人の口コミ

 

 

痛いと感じた口コミ1・VIOは痛い

銀座カラーでは、カウンセリングの時に痛みが少ないと聞いていましたが、やっぱりVIOは痛いです。

スタッフさんが「痛いですよね、頑張ってくださいね」と言いながらやってくれるのでその点は○です。

私の場合、肌は色白ですが、毛の色は濃いので効果を感じやすいとは言われてました。

確かに初回が終わって2週間ぐらいで毛が抜けて来たので効果は感じてます。

あと、日焼けしてると痛みが強くなるそうなので、その白さを維持した方が痛みは強くならないそうです。

施術後も痛みが続く場合には、冷水で冷やしたタオルを当てておくと良いと教えてもらったので、初日終わったあとは、家に帰って冷やしたタオルを当てておきました。

翌日はなんとも無かったので、2回目から冷やしタオルなしでも大丈夫でした。

 

 

痛いと感じた口コミ2・医療よりは痛みはないけど痛みはある

以前は医療脱毛に通っていましたが、痛みで断念してしまい、銀座カラーに乗り換えることになりました。

脱毛方法について、医療脱毛とエステ脱毛では違いがあるのかと思っていましたが、銀座カラーの脱毛の場合は出力が違うということでした。

医療よりは出力が低いので痛みも少なくなるということで、体験脱毛を受けて耐えられそうだったので通うことになりました。

初回、2回目と痛みはありましたが、耐えられるぐらいだったので、安心しました。

これぐらいの痛みなら今後も通っていけそうです。

効果も感じられたので、医療でなくてもちゃんと効果が出るんだなと、感動しています。

スタッフの方も、痛い場合は少しゆっくりやってくれたりと優しく脱毛を進めてくれるので安心です。

 

痛いと感じた口コミ3・最初だけ痛かった

初めての脱毛でかなり緊張してましたが、スタッフさんが色々と説明しながら進めてくれたので、途中から緊張がほぐれました。

緊張していたせいか、最初は痛みがあってビクッとなってしまいましたが、だんだん慣れてきて普通に耐えられるようになりました。

痛いとはいっても、一瞬づつなので痛みが続くよりはガマンできますね。

いわゆる「輪ゴムで弾く程度」というには、少し痛いかなと思います。

輪ゴムでもかなり強く弾いたかんじですね(笑)

痛みがあると、脱毛後の赤みが出たりするそうなので、気になる場合は冷やした方が良いと言われたので、家に帰ってからタオルを濡らして少し冷やしてました。

あとお風呂もシャワーだけにして、その後すぐに寝ましたが、翌日がなんとも無かったので安心しました。

 

痛いと感じた口コミ4・寒くなって乾燥してきたら痛くなってきた

夏前ぐらいから通い始めました。

初回を受けてそれほど痛みがなかったので、良かったーと思いながら次の予約を取ろうとしましたが、夏はやっぱり混んでいてなかなか予約が取れず。

次に行けたのは寒くなってからで、2回目を受けた時は「あれ?最初より痛い?」という感じでした。

痛みって慣れだと思ってたので、2回目の方が痛いってどうゆうこと?と思いましたが、スタッフさんに聞いたら、乾燥している時期はしっかり保湿しないと痛みが強くなるそうです。

あと、冬でも紫外線はあるので普段から日焼け止めはしてくださいね、とも言われました。

日焼けすることも痛みに関係あるそうです。

確かに、夏が終わってから日焼け対策らしいものをしてなかったので、ちゃんと日焼け止め塗って保湿もして、次回の脱毛に備えたいと思います!

 

 

痛みを感じなかった人の口コミ

 

 

 

 

痛みを感じなかった口コミ1・医療脱毛と比べたら全然痛みがない

初めて脱毛したのが医療脱毛でワキのみでしたが「確かに痛いかな」という程度で、普通に通えてました。

全身脱毛をするにあたって、効果が高くて値段がお手頃な銀座カラーに通いはじめましたが、以前の医療脱毛に比べたら全然痛みがないので、逆に効果があるか不安になりました。

初回の脱毛を受けてから、数週間で毛が抜けてきたので効果はあるんだなと安心しました。

以前はワキだけだったので、医療でもガマンできたと思いますが、全身を一気になるとなると、抵抗があったので銀座カラーにしてよかったと思います。

通い放題プランにしているので、あとは契約更新していけばずっと通い続けられるのでいいなと思ってます。

仕事が立て込んでくると行けないときもあると思うので、通い放題なら安心です。

 

 

痛みを感じなかった口コミ2・保湿を徹底したら痛みが無くなった

他のサロンでお試し脱毛していたときは少し痛みがありましたが、銀座カラーに乗り換えてから保湿をしっかりするようにしたら痛みを感じなくなりました。

サロンを変えたからかもしれませんが、それにしても保湿だけでこんなに痛みが無くなるなんて驚きです。

銀座カラーだと、サロン脱毛の中では効果が高いので痛みが強いのかなと思ってましたが、意外と痛みが無くてよかったなと思います。

ただ、やっぱりVIOは痛みはありますね。

VIOのときだけは、スタッフさんも慎重にゆっくりやってくれたので好感を持ちました。

3回ほど受けているので、毛が薄くなっている部分もできてきました。

全身脱毛なので、ムダ毛処理が楽になるまでがんばりたいと思います。

 

 

痛みを感じなかった口コミ3・毛が薄くなってきてからは痛みを感じなくなった

銀座カラーで5回脱毛を受け終わり、徐々に痛みを感じなくなってきています。

カウンセリングのときに始めは痛いけど、毛が薄くなってくると痛みも少なくなってくると言われていたので、本当だなと思いました。

口コミで「すごく痛い!」というの見かけたことがあったので、かなり不安でしたが最初からそれほど痛みは無かったので、逆に効果があるのか不安でした。

ただ、5回受けて毛の生えるスピードが遅くなったなと感じているので、効果はちゃんとあるようです。

スタッフさんからは「痛みがあまり無いなんて羨ましいです」といわれました(笑)

痛がっていないからか、脱毛もサクサク進めてくれるのでいつも早く終わるなーと思ってます。

この調子なら、ムダ毛処理から開放されるのも近そうです!

 

 

痛みを感じなかった口コミ4・夏に入ったら痛みが少なくなった

夏から通い始めようとカウンセリングを受けた時にはかなり混んでいて、結局通い始めたのは秋ぐらい。

夏が終わると脱毛の人気も落ち着くようで、割と予約がサクサク取れて通っていましたが、痛みはやっぱりありました。

夏に向けて頑張って通ったので、ムダ毛処理もだいぶ楽になりました。

夏になって脱毛受けたら時は「あれ?いつもよりいたくない?」と思いました。

日焼け止めもしっかり塗ってるし、保湿しているせいかなと思いましたが、やっぱり肌の保湿は大事だそうです。

スタッフさんに聞くと、夏場は湿度が高いし、寒さも無いので痛みを感じにくくなるそうです。

日焼けは痛みに関係してる、というのはよく聞きますが、季節も関係してるんですね。

日本の夏は湿度が高く、冬は乾燥してる、というわかりやすい気候の違いがあるからかもしれないですね。

 

 

痛みの口コミまとめ

痛みについての口コミをみてきましたが、痛みを感じる人もいれば感じない人もいるので、個人差があるようですね。

保湿をすることで痛みが軽減された人もいるので、痛みを強く感じる人はそういった普段の肌ケアも大切です。

特に医療脱毛を受けていた人からすると、銀座カラーの痛みは少ないようです。

初めて脱毛する人や痛みが不安な人は、最初から医療脱毛をするのはハードルが高いかもしれませんね。

銀座カラーなら、医療脱毛1回がついた脱毛プランもあるので、エステ脱毛をしながらプランの中で医療脱毛を体験できるのでお得です。

脱毛には痛みは避けられないですが、自分に合った脱毛方法なら少ない痛みで脱毛できるので、しっかり調べておくことが大切です。

 

 

銀座カラーの痛みについて・VIOは痛い?

銀座カラー 痛み

銀座カラーのVIO脱毛は痛い?

銀座カラーで採用している脱毛方式は、IPL脱毛はエステサロン脱毛では最も古くから採用されている方式です。

IPL方式は、毛の黒い色素(メラニン)に光が吸収されることで熱に変わり、その熱を毛根に伝えてアプローチする、という方法。

毛根に熱を伝えるのが目的ですが、毛穴周囲にも熱が伝わる熱による痛みがあります。

IPL脱毛は、IPL(インテンス・パルス・ライト / Intense Pulsed Light)のことで、光を照射時間をわずか一瞬の間にすることで、痛みを抑えています。

しかしながら、毛の色が濃くて太い部分は、熱の発生も多いので痛みは強くなります。

したがって、VIOは毛が濃くて密集しているので、痛みも強くなる、ということになります。

 

VIO脱毛が痛いと言われている理由

VIO脱毛が痛いと言われている理由はいくつかあります。

例えば、皮膚が薄く神経や血管が集中していることや、毛が濃くて密集していること、下着との摩擦やムレでバリア機能が低下していること、などです。

脱毛は熱によって毛根に変化を与えて毛を生えにくくしていく方法なので、熱による痛みが発生します。

皮膚が薄い部分は、そこに神経や血管が集中していることから、他の部位よりも痛みを感じやすくなっています。

また、VIOは毛の色が濃く、太いため光を吸収して熱に変わる量も多くなるため、高い温度の熱が発生することになります。

さらに、VIOは常に下着と密着して蒸れやすい部分的であり、歩いたりすることによって摩擦も起きやすいので、これらの蒸れや摩擦で肌のバリア機能が低下しやすくなっています。

こういった複数の原因が重なっているので、VIOは痛みを感じやすいのです。

 

 

銀座カラーの痛みについて・全身脱毛は痛い?

銀座カラー 痛み

部位ごとに痛みは違う

脱毛は痛いといっても、全身全ての部位が痛いということはありません。

毛の濃さや皮膚の厚みなどによっても痛みの度合いが異なります。

毛が濃い部分は主にワキやVIOですので、ほとんどの人がはこの部位で痛みを感じることが多いです。

他にも人によっては膝下や口周りの毛が濃い人もいるので、足脱毛でも膝下になったときに痛みを感じる、顔脱毛でも口周りで痛みを感じるなど、部分的に痛みを感じる場合もあります。

皮膚が薄い部位としては、ひざやVIO(デリケートゾーン)です。

膝は関節が近いため皮膚が薄く、人によって濃い毛が生えている場合もあるので痛みを感じやすいです。

VIOの中でもVラインは関節が近いので痛みを感じやすい部位です。

 

痛みを感じやすい部位

ほとんどの人が痛みを感じる部位、人によっては強く痛みを感じる部位は、毛が濃くて皮膚の薄い部分です。

毛が濃い部位としてはワキとVIO(デリケートゾーン)が代表的です。

この部位は毛が太くて多く密集しているので、痛みが強くなります。

また、ワキとVIOは皮膚の薄い部分でもあり、皮膚が薄いと血管や神経など痛みをダイレクトに感じる部位が近いので痛みを感じやすくなります。

毛が太くて多く密集している部位の痛みが強くなるのは、銀座カラーの脱毛が毛の黒い色素(メラニン)に吸収される光を使用しているからです。

毛のメラニンに脱毛の光が吸収されると熱に変わります。

この熱で毛根に変化を加えるのですが、毛の色が黒くて濃いほど吸収される光も多くなり、熱の温度も高くなるためです。

つまり、基本的には痛みが強いほど効果も高くなる、と言えます。

 

痛みの少ない部位

痛みの少ない部位は、毛の量が少なく毛の色が薄い部分です。

銀座カラーの脱毛は、毛の黒い色素(メラニン)に吸収される光で、メラニンに吸収されることで熱に変わりますので、毛の無いところでは効果を発揮しません。

しかし、日焼けや黒ずみなどで皮膚にメラニンがある場合には、その部分に吸収されて熱に変わり、痛みを感じる場合もあります。

従って痛みが少ない部位は、うぶ毛のような色が薄い毛の生えている部分、顔や背中、お尻などです。

この部位では、痛みが少なくなりますので、その分効果も緩やかになります。

痛みが少ないのは、吸収される光の量が少なく、発生する熱も少なくなります。

そうなると、毛根に熱の影響が少なくなるため、他の部位より照射する回数が必要になる、ということになります。

 

 

部位ごとの痛みの度合い一覧

脱毛で痛みを感じやすい部位と感じにくい部位についてまとめていきます。

痛みを感じるということは、脱毛ライトの光が毛に吸収されて熱に変わっているということ。

つまり、毛が多いほど痛みは強くなるとも言えます。

また、毛の色の濃さによっても脱毛ライトの吸収度合いも違いますので、毛の色が黒く濃いほど、光の吸収も多くなり、熱の温度も高くなります。

したがって、毛の濃く、多い部分では痛みが強くなる傾向になります。

部位 痛みの度合い
・鼻下:毛が濃い場合は痛みが強い
・口周り:毛が濃い場合は痛みが強い
・その他:痛みは少ない
上半身 ・脇:痛みが強い
・手の甲:毛が濃い場合は痛みが強い
・手の指:毛が濃い場合は痛みが強い
・その他:痛みは少ない
下半身 ・ひざ:毛が濃い場合は痛みが強い
・膝下:毛が濃い場合は痛みが強い
・Vライン:痛みが強い
・Iライン:痛みが強い
・その他:痛みは少ない

 

銀座カラーの痛みについてまとめ

銀座カラー 痛み

銀座カラーの脱毛の痛みについて調べてきましたが、実際に脱毛を受けた人の口コミをみると「痛みを強く感じる人」「痛みを感じない人」など人それぞれのようです。

銀座カラーの脱毛方法はIPL脱毛といって、長く利用されてきた脱毛方法。

脱毛の仕組みは、毛の黒い色素(メラニン)に脱毛器から照射された光が吸収されて熱に変わり、その熱が毛根へ伝わることで毛根を変化させるというものです。

基本的には医療レーザー脱毛と同様ですが、医療レーザー脱毛よりも出力が低いため、痛みを抑えることができるので、銀座カラーで採用しているIPL脱毛です。

医療レーザー脱毛は効果は高いと言われていますが、痛みが強いため希望すれば麻酔を使用することで痛みを抑える、ということもあります。

脱毛初心者や痛みが苦手な人には、効果が高く、痛みを抑えた脱毛ができる銀座カラーがおすすめですよ!

 

 

関連記事:【銀座カラーの口コミ】全身脱毛の効果や料金の評判はどう?

関連記事:【銀座カラーのVIO】いくら・VIO脱毛の効果や料金を解説