【銀座カラーのキャンセル】予約当日や無断キャンセルのペナルティは?

銀座カラー キャンセル

【銀座カラーのキャンセル】予約のキャンセル方法は?

銀座カラー キャンセル

 ネットから予約キャンセルをする

銀座カラーの予約キャンセルはネット(会員サイト)で手続きが可能になっています。

ネットで手続きすれば、24時間受付可能なので便利ですね。

施術予約をキャンセルする場合には、キャンセル期限がポイントになります。

キャンセル期限を過ぎてしまうと、何らかのペナルティがかかる場合があるからです。

キャンセル期限は会員サイトからは予約時間の1時間前までです。

電話でのキャンセル受け付けは、電話番号:0120-360-286(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)になっているので、当日キャンセルする場合には会員サイトを利用しましょう。

会員サイトは、公式サイトの「会員サイト」をタップ後「ログイン」をタップしてIDやパスワードを入力して手続きすることになります。

カウンセリングと施術では、キャンセル方法が異なりますのでご紹介していきますね。

 

参考記事:【銀座カラーの無料カウンセリング】体験予約や持ち物、所要時間は?

 

ネットでカウンセリングの予約キャンセル

ネットからカウンセリング予約した場合には、ネットで予約キャンセルすることができます、

カウンセリング予約後、完了メールに記載されているURLから手続きができますので、以下の手順で進めていきましょう。

•公式ページからカウンセリング予約
•予約完了メールが届く
•メール内に記載されているURLへアクセス
•無料カウンセリング予約のフォームを開く
•予約番号とメールアドレスを入力
•予約店舗と予約日時が表示される
•「ご予約のキャンセル」を選ぶ

正しく手続きが終了すれば、銀座カラーから手続き完了のメールが届きます。

このように、カウンセリングの予約キャンセルには完了メールが必要になりますので、カウンセリングを受けるまでは、保存しておきましょう。

ここでは、キャンセルだけでなく予約変更も可能です。

 

ネットで脱毛施術の予約キャンセル

銀座カラー脱毛施術をネットでキャンセルするには、会員サイトから手続きできます。

会員サイトを利用するには事前に登録しておく必要があります。

契約後にログイン情報が送られてきますので、忘れないようにすぐに利用登録をしておきましょう。

実際のキャンセル方法は、
•公式ページへアクセス
•右上のメニューをタップ
•「会員サイト」をタップ
•「ログイン」をタップ
•ログイン情報を入力
•「お手入れの予約•変更」をタップ
•現在の予約状況が表示される
•「キャンセル」をタップ

画像で説明していきますね。

銀座カラー キャンセル

右上のメニューをタップ

銀座カラー キャンセル

「会員サイト」をタップ

 

銀座カラー キャンセル

「ログイン」をタップ

銀座カラー キャンセル

ログイン情報を入力

 

 

正しく手続きが終了すれば、銀座カラーから手続き完了のメールが届きます。

会員サイトでのキャンセル期限は予約時間の1時間前までです。

予約時間の1時間前を過ぎると、会員サイトでは手続きができなくなってしまうので、その場合は、キャンセル期限は過ぎていますが、念の為電話でキャンセルの旨連絡しておきましょう。

 

 

電話で予約キャンセルをする

カウンセリング予約、施術予約ともに電話でキャンセル手続きをすることができます。

キャンセル期限は前日19時までとなっていますので、予約日の都合が悪くなった場合にはすぐに電話するようにし、電話の場合は受付時間に注意しましょう。

電話での受け付けは、電話番号:0120-360-286(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)になっています。

銀座カラー キャンセル

受付開始時間やお昼休み、夕方17時以降は電話が混雜する場合があり、なかなかつながらない場合もありますので、19時ギリギリにならないように注意しましょう。

電話番号:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
・カウンセリング予約キャンセル
・施術予約キャンセル
※予約前日19時まで

 

 

当日の予約1時間前までの場合

予約キャンセルは、ネットの公式サイトなら予約1時間前まで受付可能になっています。

電話の場合は、前日19時までですので、予約当日になってしまったら、会員サイトからキャンセル手続きしましょう。

カウンセリング予約の場合にはペナルティなどはありませんが、施術予約の場合は予約1時間前までにキャンセル手続きをしないと、ペナルティが発生する場合があります。

予約日当日になってしまうと、電話での手続きはキャンセル期限オーバーですので、ネットの会員サイトからキャンセル手続きをするようにしましょう。

手続き方法 予約当日1時間前まで
会員サイト(ネット) キャンセル期限内
電話:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
キャンセル期限オーバー

 

 

予約1時間前~予約1分前までの場合

予約キャンセルは、ネットの公式サイトなら予約1時間前まで受付可能になっています。

予約時間の1時間前過ぎるとキャンセル期限オーバーになってしまい、手続きができなくなります。

しかし、念の為電話で連絡しておくのをおすすめします。

カウンセリング予約の場合にはペナルティなどはありませんが、施術予約の場合は予約1時間前までにキャンセル手続きをしないと、ペナルティが発生する場合があります。

1時間前を過ぎてしまうと、会員サイトでは手続き自体ができなくなりますが、電話で連絡しておくと、何らかの対応をしてくれる場合があります。

手続き方法 当日時間まで1時間前を過ぎて1分前まで
会員サイト(ネット) キャンセル手続き不可
電話:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
キャンセル期限オーバーだが、連絡しておくと良い

 

 

 予約時間をオーバーしてしまった場合

予約キャンセルは、電話なら前日の19時まで、ネットの公式サイトなら予約1時間前まで受付可能になっています。

「急用でどうしても連絡できなかった」「予約をすっかり忘れていた」など、予約時間をオーバーしてしまうと、キャンセルではなくなってしまいますので、何らかのペナルティになる可能性があります。

会員サイトでは予約時間を過ぎてしまうと、キャンセル手続きはできませんが、電話では連絡できますので、念の為電話で連絡しておくのをおすすめします。

基本的にはペナルティが発生すると理解して電話連絡し、どのように対処すれば良いか確認しておきましょう。

予約時間を過ぎてしまうと、会員サイトでは手続き自体ができなくなりますが、電話で連絡しておくと、何らかの対応をしてくれる場合があります。

 

 

生理の時はキャンセルがおすすめ

銀座カラーでは、生理のときでもVIO以外なら施術を受けることができますが、予約1時間前までなら、会員サイトから予約キャンセル可能ですので、キャンセルすることをおすすめします。

なぜ生理のときにキャンセルがおすすめかというと「VIOの施術ができない」「肌トラブルの可能性がある」「脱毛効果が薄い」という点があるからです。

回数プランの場合、VIO以外の施術を受けると、VIOが1回分受けられなくなります。

VIOは毛の量が多いため、他の部位より1回分少なくなると、脱毛の進み具合が遅くなってしまいます。

生理中はホルモンバランスが変化して乾燥したり肌の状態が通常と異なるため、普段では痛みを感じなかった脱毛施術でも、痛みを強く感じたり、脱毛後に肌に赤みやかゆみが出るなど、肌トラブルが起きやすくなります。

また、生理中は痛みを感じやすくなるため出力を下げる場合が多く、効果が薄くなってしまう、ということもあります。

 

生理で脱毛を受けるデメリット 詳細
VIOの施術ができない 経血の付着など、感染症防止の観点からVIOの施術ができない
肌トラブルの原因になる 普段より肌が乾燥し、赤みやかゆみが出る場合がある。
脱毛効果が薄い 痛みを抑えるために出力を下げることがある

 

 

【銀座カラーのキャンセル】当日キャンセルはできる?

銀座カラー キャンセル

当日キャンセル方法は会員サイトか電話

銀座カラーで当日キャンセルするには、会員サイトか電話で連絡しましょう。

会員サイトはキャンセル期限が予約時間の1時間前までのため、予約時間まで1時間を過ぎるとキャンセルを受け付けてくれなくなり、手続きができません。

この場合は電話でキャンセルの連絡をしましょう。

電話のキャンセル期限は予約前日の19時までですので、何らかのペナルティになる可能性はありますが、会員サイトでのキャンセル期限が過ぎている旨を伝えて、キャンセルのレン連絡をしておきましょう。

手続き方法 当日時間まで1時間前を過ぎて1分前まで
会員サイト(ネット) キャンセル手続き不可
電話:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
キャンセル期限オーバーだが、連絡しておくと良い

 

 

当日キャンセルは、1時間前までならペナルティなし!

当日キャンセルする場合、予約時間の1時間前までに手続きするようにしましょう。

キャンセルには期限があり、キャンセル方法によってキャンセル期限が異なります。

キャンセル期限を過ぎるとペナルティが発生する場合がありますので、注意しましょう。

電話受付は予約日前日の19時までですので、予約当日になってしまったら会員サイトからキャンセル手続きしましょう。

予約時間の1時間前を過ぎると、会員サイトでは手続きができなくなってしまうので、その場合は、キャンセル期限は過ぎていますが、念の為電話でキャンセルの旨連絡しておきましょう。

手続き方法 キャンセル期限
会員サイト(ネット)※24時間受付 予約時間の1時間前
電話:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
予約日前日の19時まで

 

 

会員サイトで当日キャンセルする方法

銀座カラー脱毛施術をネットでキャンセルするには、会員サイトから手続きできます。

会員サイトを利用するには事前に登録しておく必要があります。

契約後にログイン情報が送られてきますので、忘れないようにすぐに利用登録をしておきましょう。

実際のキャンセル方法は、
•公式ページへアクセス
•会員ページへ
•ログイン情報を入力
•「お手入れの予約•変更」をタップ
•現在の予約状況が表示される
•「キャンセル」をタップ

正しく手続きが終了すれば、銀座カラーから手続き完了のメールが届きます。

会員サイトでのキャンセル期限は予約時間の1時間前までです。

予約時間の1時間前を過ぎると、会員サイトでは手続きができなくなってしまうので、その場合は、キャンセル期限は過ぎていますが、念の為電話でキャンセルの旨連絡しておきましょう。

 

電話で当日キャンセルする方法

電話で当日キャンセルする場合は、受付時間に注意しましょう。

キャンセル期限は前日19時までとなっていますので、キャンセル期限は過ぎていますが、都合が悪くなった場合にはすぐに電話するようにして、ペナルティなどが発生するか確認しておきましょう。

 

電話での受け付けは、電話番号:0120-360-286(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)になっています。

受付開始時間やお昼休み、夕方17時以降は電話が混雜する場合があり、なかなかつながらない場合もありますので、19時ギリギリにならないように注意しましょう。

電話番号:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
・カウンセリング予約キャンセル
・施術予約キャンセル
※キャンセル期限:予約前日19時まで

 

予約の1時間前までに連絡できなかった場合は?

予約キャンセルは、ネットの公式サイトなら予約1時間前まで受付可能になっていますが、予約時間の1時間前過ぎるとキャンセル期限オーバーになってしまい、手続きができなくなります。

しかし、念の為電話で連絡しておくのをおすすめします。

カウンセリング予約の場合にはペナルティなどはありませんが、施術予約の場合は予約1時間前までにキャンセル手続きをしないと、ペナルティが発生する場合があります。

1時間前を過ぎてしまうと、会員サイトでは手続き自体ができなくなりますが、電話で連絡しておくと、何らかの対応をしてくれる場合があります。

手続き方法 当日時間まで1時間前を過ぎて1分前まで
会員サイト(ネット) キャンセル手続き不可
電話:0120-360-286
(平日:12時〜21時/土日祝:10時〜19時)
キャンセル期限オーバーだが、連絡しておくと良い

 

 

【銀座カラーのキャンセル】無断キャンセルするとどうなる?

銀座カラー キャンセル

当日無断キャンセルした場合は1回消化扱い

銀座カラーで無断キャンセル(予約日に連絡せずに施術を受けなかった場合)すると、回数プランの場合、施術1回を消化したとされてしまいます。

回数パックの場合は、キャンセル料金などはかかりませんが、施術1回分が受けられなくなるので、金額的に大きい損失です。

また、途中解約する場合、残りの回数分が返金対象となりますが、当日キャンセル分は返金対象となりませんので、注意が必要です。

上記以外にはペナルティはなく、次回予約も問題なくとれます。

次回予約を取るのには、さらに1ヶ月後など時間が空いてしまうことがありますので、なるべく早く次回予約を取るか、当日や翌日など直近の予約空き状況を調べることで、キャンセルの空きがある場合もありますので、それを利用することも考慮すると良いです。

 

 脱毛の施術回数が減る

予約日をすっかり忘れていたり、急用で連絡もできず無断キャンセルしてしまったり、キャンセル期限を過ぎてしまうと、回数プランの場合は施術を1回消化したとされてしまいますので、受けられる脱毛施術の回数が減ってしまいます。

また、途中解約する場合、残りの回数分が返金対象となりますが、当日キャンセル分は返金対象となりませんので、注意が必要です。

上記以外にはペナルティはなく、次回予約も問題なくとれます。

次回予約を取るのには、さらに1ヶ月後など時間が空いてしまうことがありますので、なるべく早く次回予約を取るか、当日や翌日など直近の予約空き状況を調べることで、キャンセルの空きがある場合もありますので、それを利用することも考慮すると良いです。

 

 

途中解約の返金額が減る

無断キャンセル(予約日に連絡せずに施術を受けなかった場合)や、キャンセル期限を過ぎてキャンセルした場合、途中解約の返金額が減ってしまいます。

途中解約する場合、回数パックなら残りの回数分が返金対象、通い放題なら6回目までが返金対象となりますが、無断キャンセルやキャンセル期限を過ぎてキャンセルした分は返金対象から除外されてしまうので、返金額が減ってしまいます。

上記以外ではペナルティはなく、次回予約も問題なくとれます。

次回予約を取るのには、さらに1ヶ月後など時間が空いてしまうことがありますので、なるべく早く次回予約を取るか、当日や翌日など直近の予約空き状況を調べることで、キャンセルの空きがある場合もありますので、それを利用することも考慮すると良いです。

 

キャンセル料金を支払わないといけなくなる?

無断キャンセル(予約日に連絡せずに施術を受けなかった場合)や、キャンセル期限を過ぎてキャンセルした場合、回数プランの場合は施術回数を1回消化したことになりますが、通い放題の場合はどうなんでしょうか。

「通い放題なら施術回数が減っても問題ないんじゃない?」と思ってしまいますが、かyんセル料金が発生する場合もあります。

公式サイトではキャンセル料の記載が有りませんので、現在ではキャンセル料の発生はありませんが、規定が随時更新されていきますので、今後キャンセル料が発生する場合もあります。

通い放題プランで契約する際のカウンセリングや、実際通い始めて止む終えなくキャンセル期限を過ぎてキャンセルする場合には、その都度キャンセル料が発生するかどうかは確認しておきましょう。

 

【銀座カラーのキャンセル】ペナルティはあるの?

銀座カラー キャンセル

銀座カラーでは、キャンセル期限内であればペナルティが発生しませんが、キャンセル期限を過ぎてしまうと、ペナルティが発生する場合があります。

ペナルティが発生しないキャンセル期限とは、電話の場合は予約日前日の19時まで、会員サイト(WEB)の場合は予約時間の1時間前までです。

このキャンセル期限を過ぎるとペナルティが発生します。

ペナルティの有無 条件など
ペナルティ有り 電話:予約日前日の19時過ぎた後
会員サイト:予約時間の1時間を過ぎた後
ペナルティ無し 電話:予約日前日の19時前まで
会員サイト:予約時間の1時間前まで

ペナルティは契約した施術回数の減少(消化)や、途中解約時の返金額の減額などです。

それでは、詳しく説明していきますね。

 

 

 

ペナルティ1:回数消化

キャンセル期限を過ぎてキャンセルしたり、無断キャンセル(予約日に連絡せずに施術を受けなかった場合)すると、回数プランの場合、施術1回を消化したとされてしまいます。

回数パックの場合は、キャンセル料金などはかかりませんが、施術1回分が受けられなくなるので、金額的に大きい損失です。

また、途中解約する場合、残りの回数分が返金対象となりますが、当日キャンセル分は返金対象となりませんので、注意が必要です。

上記以外にはペナルティはなく、次回予約も問題なくとれます。

次回予約を取るのには、さらに1ヶ月後など時間が空いてしまうことがありますので、なるべく早く次回予約を取るか、当日や翌日など直近の予約空き状況を調べることで、キャンセルの空きがある場合もありますので、それを利用することも考慮すると良いです。

 

 

ペナルティ2:返金額が減額される(途中解約)

無断キャンセル(予約日に連絡せずに施術を受けなかった場合)や、キャンセル期限を過ぎてキャンセルした場合、途中解約の返金額が減ってしまいます。

途中解約する場合、回数パックなら残りの回数分が返金対象、通い放題なら6回目までが返金対象となりますが、無断キャンセルやキャンセル期限を過ぎてキャンセルした分は返金対象から除外されてしまうので、返金額が減ってしまいます。

上記以外ではペナルティはなく、次回予約も問題なくとれます。

次回予約を取るのには、さらに1ヶ月後など時間が空いてしまうことがありますので、なるべく早く次回予約を取るか、当日や翌日など直近の予約空き状況を調べることで、キャンセルの空きがある場合もありますので、それを利用することも考慮すると良いです。

 

 

ペナルティ3:キャンセル料

キャンセル期限を過ぎてキャンセルしたり、無断キャンセル(予約日に連絡せずに施術を受けなかった場合)した場合、回数プランの場合は施術回数を1回消化したことになりますが、通い放題の場合はどうなんでしょうか。

「通い放題なら施術回数が減っても問題ないんじゃない?」と思ってしまいますが、かyんセル料金が発生する場合もあります。

公式サイトではキャンセル料の記載が有りませんので、現在ではキャンセル料の発生はありませんが、規定が随時更新されていきますので、今後キャンセル料が発生する場合もあります。

通い放題プランで契約する際のカウンセリングや、実際通い始めて止む終えなくキャンセル期限を過ぎてキャンセルする場合には、その都度キャンセル料が発生するかどうかは確認しておきましょう。

 

【銀座カラーのキャンセル】まとめ

銀座カラー キャンセル

銀座カラーのキャンセルについて調べてきましたが、予約キャンセルにはキャンセル期限があり、キャンセル期限内であればペナルティはかかりません。

キャンセル期限は電話の場合は予約日前日の19時まで、会員サイト(ネット)の場合は予約時間の1時間前まで、というように手続き方法で異なるので注意が必要です。

つまり、予約当日にキャンセルする場合でキャンセル期限内に手続きする場合は会員サイトを利用する、ということになります。

キャンセル期限を過ぎてしまったり、無断キャンセルをした場合にはペナルティがあります。

ペナルティは、回数プランの場合は1回分の施術消化、途中解約時の返金分からの除外(回数プラン・通い放題プランどちらも)です。

キャンセル期限を過ぎても現在ではキャンセル料などの追加料金はありませんが、そうなると通い放題プランではキャンセル期限後のキャンセルや無断キャンセルし放題になってしまいますので、今後キャンセル規約などのルール変更されてキャンセル料が発生することも考えられます。

これから契約する人や、仕方なくキャンセル期限を過ぎてしまう場合には、その都度確認をしておきましょう。

 

関連記事:【銀座カラーの口コミ】全身脱毛の効果や料金の評判はどう?